日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

室内練習・ミーティング

4月11日(日)          於:室内練習・VTR鑑賞

 

小林とのマンツーマン練習を室内で行い、VTRを見て野球の勉強
をしました。
昨日府中の練習では、シートバッティングを2打席打つだけでした
が、コーチの投げる投球が打たせてやろうと遅い球なので、かえっ
て打つのが難しく当てにいってしまっていたので、今日は昨日の反
省をふまえ、トップを大きく取りインパクトまでをを大きく振る事
に注意して打ちました。
よくコンパクトに打つ事だけを教えてしまう指導者がいますが、そ
れは最終的なバッティングで、まずは投球ラインに後ろからバット
を入れ、インパクトでヘッドスピードが最高速になる様に大きく振
って、強い打球を打つ事を覚えさすべきです。
コンパクトに振って強く遠くへは無理です。遅い球を大きく強く打
つ事を覚えれば、徐々に球速を上げて行けばいやでも振り幅は小さ
くなって行くはずです。
その選手が卒団して行くまでを逆算して、どんな指導をして行けば
いいかのビジョンをしっかり持って指導して行くべきでしょう。

 

今日のVTRは、オリックス山本由伸と巨人岡本を特集した番組を
見て勉強しました。
山本の投球フォームは、今までタブーとされて来た事を取り入れて
自分なりの投球フォームを作った点に注目される。一般的には軸足
に重心を載せてから体重移動して行く所を、いきなり前に倒れ込ん
で左足を突っ張って体重移動を止める事で強い腕振りを得て、又そ
の時にアーム式的な腕の使い方をして、剛速球を投げる投球をして
いる。腕はヒジから引いてヒジから戻すのが一般的だが、ヒジをあ
まり使わない投球フォームである。巨人の戸郷も同じようなヒジの
使い方をしていて、新しい投球理論が定着しそうである。
又、練習では、シャベリックスローと言われる槍投げの子供版で、
練習用にも使われる器材を使い投球練習をしています。
まだデビューしていない、ロッテの佐々木朗希もこの機材を使い練
習していて、ヒジを伸ばした投げ方を意識している。オープン戦を
見た限りでは153kmしか出ていないが、この先160kmを越
えられないかも知れません。高校で誰も出した事の無い163km
を出したのだから、高校と同じ練習をしていれば去年163kmは
出せていたはずで、ケガもしていなかったはずです。将来的という
言葉を使っていますが、すでに始まりでつまずいてしまっています。
その責任をどう取るかロッテの今後が見ものです。
山本は自分なりの練習で今の地位まで上り詰めましたが、佐々木は
プロ以上の速さを投げていたのだから、何もいじらずそのまま自由
にやらせて、壁に当たったらその時考えるというスタンスでやらせ
るべきだったと思います。
今まで何人、将来有望な選手がプロ野球のコーチに潰されて来たか
を、各球団は真剣に考えるべきかと思います。

 

監督 佐藤

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年04月12日
▲このページの先頭へ戻る

府中ボーイズとの合同練習

4月10日(土)          於:府中B.グランド

 

日野ボーイズの選手二人は、府中ボーイズの下級生に交じり合同練
習をさせてもらいました。
これだけ多くの選手と一緒に練習をした事が無かったので、もっと
戸惑うかと思いましたが、二人とも臆することなく非常に楽しかっ
たとの事でした.
府中の選手は、1年生でも優秀な選手がたくさんいて、一緒にやる
事で学ぶ事がたくさんあったかと思います。
練習試合の後の練習だったので、シートバッティングを打ち、シー
トバッティングを守り、シートノックを受けて終わりましたが、特
に小林は野球のルールを良く知らないので、実戦練習をやる事でた
くさんの事を学ぶ事が出来ました。
人数が多いので、個人的にプレー出来る時間や数は限られてしまい
ますが、その反省を持ち帰り日野ボーイズの練習で何度も繰り返し、
会得して行きたいと思います。
高橋総監督からは、いつでも来いと言われているので、グランドが
無い時には遠慮なく参加させてもらいたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年04月11日
▲このページの先頭へ戻る

室内練習・ミーティング

4月4日(日)          於:室内練習・VTR鑑賞

 

今日も小林と二人で室内でのティーバッティング、VTRを見ての
野球を勉強をしました。
ティーバッティングでは、テークバック・打ち出す時の左ヒジの使
い方、ヘッドの利かせ方など、少したくさん教え過ぎてしまった気
がします。1回の練習では一つの事だけを教え、その事に気持ちを
集中させないと、あれもこれもで結局何を教わったか分からないで
終ってしまいます。結果的にもいいバランスで打っていたのに、そ
のバランスすら崩してしまい、おかしくなってしまう可能性もあり
ます。特に子供は集中力も長くは持続出来ないので、短く集中した
指導を心がけなければいけません。反省しましょう。

 

VTRは、”体の使い方を磨けば世界に勝てる” というテーマのV
TRをみて、体の使い方について勉強しました。簡単な方法で各人
のタイプを知る事が出来、重心が前よりか後ろよりか、力を入れる
のに体を縮めて入れるか、延ばして入れるか、真っすぐ入れるか、
斜めに入れるかなど、各人に体の使い方に特徴があります。
どう体を動かすかのがベストとかではなく、その人に合った使い
方をすればより高いパフォーマンスを発揮出来るという事です。
たとえば前足重心の人が走る時には、ヒザを上げる事に集中して
走ればより早く走れるし、後ろ足重心の人は、足で地面を強く蹴
る事に集中して走れば早く走れるという具合です。
指導者は、選手のタイプを見極め、それに合った指導法をして行
く事が大切です。

 

府中ボーイズの高橋総監督から連絡があり、選手が集まらないな
らうちに来て一緒にやればいいと言ってもらいました。
チームを作った20年前も、練習場所に困っていた日野ボーイズ
に手を差し伸べて頂き、毎週の様に合同練習をさせてもらった事
を思い出します。現在3名の部員ですが、必ず選手が集まってく
れる事を信じて、練習に励んで行きたいと思います。
来週は府中ボーイズのグランドで合同練習を行います。

 

監督 佐藤

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年04月05日
▲このページの先頭へ戻る

硬式野球体験会 PART.9

4月3日(土)          於:東光寺グランド

 

今日も体験練習としてリピーターの選手二人が参加してくれました。
正式入団は先になるとして、入団の意思は固めてくれたので、本格的
に技術指導をしました。
フリーバッティングは、3人で1時間半ほど打ったのでかなりの数を
打てたかと思います。二人ともトップの位置が浅いので、強い打球が
打てません。トップをなるべく上ではなく後ろへ引いて、体で投球を
捉え、腕でバットを体に戻すようにしてバットのヘッドを加速して、
最高速でインパクトでヒットする様な打ち方を教えました。
バッティングはフォームではなく、いかに早いヘッドスピードで直角
にバットの芯に投球を当てるかです。その為には腕に力を入れてはい
けません。
バッティングをヌンチャクに例えると、手前の棒が体で、つないでい
る鎖が腕で、先の棒がバットになります。うでに力を入れるとつない
でいる鎖が無くなりただの木の棒になります。ただの木の棒でもそれ
なりの破壊力はありますが、鎖でつなぐ事で小さな力でも、先の棒を
遅らせてスピードを加速させる事が出来、ひいては大きな破壊力を生
みます。これこそが理想的なバッティングです。
バッティングの飛距離を出す為に一番必要な筋肉はどこだと思います
か? 松井秀喜に協力してもらい科学的に出したデータによると、足の
大腿四頭筋だそうです。モモの表の筋肉です。イチローにホームラン
だけを狙わせたら20本は確実に打てると言われていました。ボディー
ビルダーの様な体格をしたメジャーリーガーの中に入っても、力の使
い方によりインパクトに大きな破壊力を生むバッティングを出来る事
を証明していると言えるでしょう。

 

守備の練習は、ゴロの捕り方の基本を徹底的に理解してもらいました。
守備の基本は、地面を這う様な強いゴロに対して絶対に後ろにそらさ
ない事です。その為には ”体の中心で手の平で止める” という事を頭
に叩きこまなくてはいけません。上のステージで活躍する為にはここ
一番の守備で、最悪打球を止める事の出来る選手だけが生き残れるか
らです。簡単なゴロなら極端な事を言えば目をつぶっても捕れます、
将来、逃げてしまいたいような打球に対応できる守備力を付ける為に
は、こんな練習をしておかなければいけないと思います。

 

内野守備練習の後には、外野でフライを捕る練習をしました。外野の
フライを捕るのも簡単ではありません。たくさん捕ってこそスタート
の仕方、追い方などが身について来ると思います。ポジションを決め
てしまわず、どこでも守れる選手になってもらいたいものです。どこ
でも守れれば、ライバルに勝てる確率は必ず上がるはずですから。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年04月04日
▲このページの先頭へ戻る

室内練習・ミーティング

3月28日(日)          於:室内・VTR鑑賞

 

今日も雨なので、室内でのティーバッティングとVTR鑑賞のみを
行いました。
ティーバッティングでは、右打ちもしましたが、久しぶりだった事
もありいい当たりが出来ませんでした。本来右打ちなので打つポイ
ントを左打ちでしっかりつかめれば、いつでも打てるはずです。
普通の選手ならスイッチヒッターの練習をするべきですが、小林は
足ありきで結果を出そうと思うので、左投手と対戦しても左打ちで
対戦した方が、結果を出す確率は高いので、あえて右打ちの練習は
必要ないと思います。

 

VTRは、選抜甲子園大会が始まりましたが、私の母校の東海大相
模の1回戦を見ました。
毎年素晴らしい選手が出てきますが、今年も例に漏れず優勝を狙え
るチームかと思います。小林には将来高校野球より上のステージで
野球を続ける為にも、名門校で野球をやる事の大切さが分かっても
らいたいと思います。

 

監督 佐藤

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年03月29日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

3月27日(土)           於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの練習を行いました。
まだまだ打ち損じばかりですが、たまにタイミング良く捉えた打球
はもの凄い当たりをします。
いい当たりをした時の感触を忘れず、繰り返し続ける事が大切です。
フリーバッティングの後には、セーフティーバントを延々と繰り返
しました。小林は俊足が武器なので、三遊間のゴロとセーフティー
バントが上達すれば、それだけで試合に出れます。出来る事を完璧
に出来る様になる為にも、数をこなすだけでなく、完璧な当たりを
少しでも多くこなす事を心がけてもらいたいと思います。

 

強豪校へ行くと、内野手はかなり高いレベルになるので、3年間で
そのレベルに達するのは難しいかも知れませんが、外野手ならその
足があればレギュラー争いの可能性はあるので、外野の練習もさせ
ています。今日は外野でゴロを捕ってバックホームするステップの
練習をしました。内野のゴロの場合は送球を考え左足を前にして捕
る事が多くなりますが、外野の一か八かのバックホームの時は、ダ
ッシュの勢いを止めない為に、右足が前で体の横でグラブをホーキ
で履く様な捕り方をして大きくステップして投げる練習をしました。
内野のゴロの捕り方とは全然違うのと、中学では教えてくれるチー
ムは少ないと思うので、将来ライバルに差を付ける為にもしっかり
練習して、習得させたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年03月28日
▲このページの先頭へ戻る

室内練習・ミーティング

3月21日(日)          於:室内・VTR鑑賞

 

今日は雨の為、室内のティーバッティングとVTR鑑賞のみでした。
ティーバッティングは毎回同じ事の繰り返しの様ですが、ヒッティ
ングポイントを微妙にずらして打たすのが上達のコツです。
まずは一番打ちやすい所を見つけ、そこだけに投げ続け打たせます。
バッティングフォームなどは、一番力が入りミートしやすい打ち方
は本人しか分からないので、もっと力の入るヒジの使い方や、力の
逃げない方法などはアドバイスしますが、フォーム的な事は打ちや
すさの中から出来て来ると思うので好きに打たせた方がいいかと思
います。
ここに来たら高い確率で打てるというワンポイントが出来たら、少
しづつヒッティングポイントを広げ、最終的にはすべてのポイント
が打てる様になるのがバッティングの理想です。
今は土・日しか練習していないので、マンツーマンで3ヶ月近く経
ったとはいえ、まだワンポイントだけの練習でいいかと思います。
あと半年はこれを続け、徐々にヒッティングエリアを広げて行きた
いと思います。投手の投球のすべてのエリアを打てる様になるとい
う事は、プロでレギュラーを張れるという事です。
まずはティーバッティングで、自分のバッティングスタイルを確立
させて行く事が目標です。

 

VTRは、色々なジャンルの有名スポーツ選手が、指導者や親など
から声をかけられ、覚醒したパワーフレーズを集めたVTRを見ま
した。
巨人軍の原監督も、指導者として大事なものは言葉だと常々言って
います。タイムリーな選手の心を動かす言葉こそが、選手の成長に
はかかせないものです。
小林にも、これらをみて何かを感じ、心が動いてくれる事を期待し
たいと思います。

 

監督 佐藤

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年03月22日
▲このページの先頭へ戻る

硬式野球体験会 PART.8

3月20日(土)          於:東光寺グランド

 

硬式野球体験会に3名参加があり、小林と4名で練習を行いました。
体験会参加は3回目の選手達ですが、いつも通り気持ち良くフリー
バッティングで硬式球をたくさん打ってもらい、遠くに飛ばしても
らいました。
東光寺Bグランドのレフト側は、60m程の所に10mの高さのネ
ットがあり、そこを超す事を目標に打たせています。
今日も一人の子は越していますが、今年体験会に参加した選手の中
で越した子は、アトムズの一人、旭ヶ丘の3人、川口の3人と7人
いましたが、みんな小学生にしては体格も良く、何よりもヘッドス
ピードが100kmを越えていて、一番速い子で109kmでした。

 

今日の練習では、小林が目覚ましい進歩をしていて、115kmの
ヘッドスピードを出しました。結果として左打ちで逆方向のレフト
のネットを越しました。始め115kmは間違いかと思いましたが、
数字は嘘をつきませんでした。足が速いので逆方向の打球を徹底的
に打たせてはいましたが、これ程逆方向に長打が打てたのは驚きで
す。アウトコースはポイントを遅らせて打てるので、大振りが出来
理論上長打が打てるはずです。ただその理論を実践できるのは大人
の好打者でも難しい事です。何も知らない、何もクセが付いてない
という事の、無限大の可能性を感じました。

 

バッティングの後は、フィールディングでの技術的な事を教えまし
た。ゴロを捕る時、グラブを前で、グラブを立て、腰を落として捕
ると教わっている子が殆どかも知れません。ゴロを捕る時はリラッ
クスして体に力が入っていない状態でゴロを待たないとイレギュラ
ーには対応出来ません。イレギュラーに対応する為に前で捕るは大
きな間違いです。それに前で捕る為に腕を前に伸ばせばグラブは上
を向いてしまいます。グラブを立てる為には手首をコックしなけれ
ばいけなく、ヒジから下の腕の筋肉が緊張してしまいます。そして
しゃがみ過ぎると大体四頭筋が緊張してしまい、体中力が入った状
態でゴロを待つ事になります。ジャンプして着地した状態くらいで
又の下に近いくらいでゴロを待つ事が理想の取り方です。
源田や井端のユーチューブを見ればそれを証明してくれています。
ゴロを捕る基本は、”正面で手の平で止める” この言葉を実践して
下さい。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年03月21日
▲このページの先頭へ戻る

室内・ミーティング・高速下公園での練習

3月14日(日)          於:室内・高速下公園

 

今日も室内でのティーバッティングと、VTR鑑賞、高速下公園での
練習を行いました。
小林とマンツーマンで練習を始めて2ヶ月ちょっとですが、かなり充
実した練習が出来ていると思っています。そして技術の習得も目を見
張るものがあり、中学生にはこうして一つ一つを細かく丁寧に教えて
やらなければいけないなと、今までの指導方法の至らなさを痛感して
います。
野球は団体スポーツですので、チームの実力を上げて行かなければな
りませんが、その前に個の実力を上げないと、チーム力は大きく進歩
出来ないなと感じています。
小林と一緒に野球の細かい技術を学びたいという選手が、集まってく
れる事を期待します。

 

ティーバッティングは、トップが大きく取れるようになり、かなり強
い打球が打てる様になっています。ヘッドスピードも確実に100KM
越えしています。
VTRは、昨年日本一になったソフトバンクの工藤監督、周東を取り
上げた番組を見ました。工藤監督はシーズン中仕事場の部屋を持って
いて、そこにはVTRが6台セットされ、12球団の試合を毎日チェ
ックしています。交流戦だから、日本シリーズだからとデータを準備
するのではなく、毎日の日常から12球団の選手の長所短所を常にチ
ェック出来ているので、試合に勝つ為だけでなく、トレードでどの選
手を取ろうとか、誰よりも早く準備している所にソフトバンクの強さ
を感じました。
周東選手の生い立ちだとか取り上げていましたが、農大オホーツクで
の一年生の時、四年生に私の教え子が先輩としていたので話を聞いた
事がありますが、とにかく足の速さは別格だったそうです。それだけ
でなく、練習に対しての努力も人一倍強かったそうです。
周東によって、足のスペシャリストの重要性を上げたのは間違いあり
ません。小林もいつかその足が生かせるよう、さかのぼって練習をし
て行くつもりです。

 

高速下公園では、キャッチボール以前の捕球の正しいハンドリングの
仕方や、セーフティーバントの仕方を教えました。教えた事に対して
の飲み込みが本当に早く、すぐに試合をしてもセーフティーバントを
決めてしまえる程までフォームが出来上がりました。
こうして一つ一つ確実に実力を付けています。興味のある選手は一度
体験会に参加して下さい。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年03月15日
▲このページの先頭へ戻る

室内練習・ミーティング

3月13日(土)          於:室内及びVTR鑑賞

 

雨でグランドが使えなかったので、今日も室内での練習です。
今日は、バスターのティーバッティングを練習しました。小林は
バスターはどんな場面で、何の為にやるのかも分からないと思い
ますが、足を生かす為には必要な技術だと思います。
トップからインパクトまで振って行くラインを、そのまま戻して
から降り始めるという動作を繰り返しました。バスターの仕方は、
そのケースにもよりますが、まずはコンパクトに振り、必ずゴロ
を打つという事を覚える練習をしました。三遊間にゴロを転がせ
れば、高打率をマーク出来るはずです。

 

今日のVTRは、広陵高校の中井監督を取り上げた番組を見まし
た。広陵高校出身の友人は何人かいますが、伝統の重さと厳しさ
のイメージがありましたが、今の中井監督の広陵高校は、選手一
人一人と向き合い、チームが勝つ事だけでなく、むしろ選手一人
一人が少しでもいい人生を歩める事を大切にしたチームでした。
そのドキュメンタリー番組のタイトルも「全員主役で、全員脇役」
で、最後の大会が終わった後も、レギュラー選手よりもベンチ入
り出来なかった選手に声をかけ、胴上げをしてもらっていました。
私も高校時代ベンチ入り出来ず悔しい思いをしましたが、中井監
督は高校時代主力選手だったのに、その気持ちを分かろうとして
いるのは、今の実績を掴むまでに沢山の失敗や、申し訳ない事を
してしまった選手などがいたからなのかも知れません。
私の恩師の原 貢監督も、厳しさもありましたが、補欠の選手の事
を良くみてくれて、進学に関しても面倒をみてくれました。
中井監督は私の恩師と似ている所を感じましたし、私も指導者と
して見習う事をたくさん感じました。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年03月14日
▲このページの先頭へ戻る

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。