日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

秋季支部大会 対世田谷南戦

10月3日(日)          於:都市大グランド

 

秋季支部大会 対世田谷ボーイズ戦を行いました。
結果は 武蔵野府中ボーイズ0ー22世田谷南ボーイズの大敗でした。
初回の9失点が全てですが、選手の実力はこんな大敗する様な力では
ありません。
前回の試合もそうでしたが、立ち上がりにフォアボールを連発して、
ランナーを貯めてタイムリーでの大量失点というケースが多くなって
います。
いっその事野手のオープナーを使い、2回からピッチャーに任せると
いう戦法もありかなと感じてしまいます。
ピッチャーの一番大切な事は、ストライクを入れるという事です。
ストライクが入らなければ試合は始まりません、打たれまいと思って
投げるのではなく、結果はどうあれまずはストライクを入れる事を考
え、キャッチャーも打たれない様にリードするのではなく、ストライ
クの取れる投を要求するリードでいいかと思います。
試合で勝つ為に必要な事は、ピッチャーはフォアボールを出さない、
バッターはフライアウトを打たない、三振をしない事です。
もし、ピッチャーが無四死球、バッターが無フライアウト、無三振の
試合をしたら、結果的に勝利する確率は非情に高くなります。
このチームは、高校へ行っても活躍出来るいいピッチャーが3枚はい
るし、パワフルなバッターも揃っています。勝てないはずがありませ
ん、次は今年最後の公式戦になる、来春の全国大会をかけた大会にな
ります。必ずいい結果を残したいと思います。
日野の選手はと言うと、小林が一番レフトで先発出場、いきなりヒッ
トを打ち出塁するも盗塁死。守備でもトンネルするはですが、いい経
験をさせてもらっています。小林の足をもっても完璧にアウト、いか
にスタートが大切かが分かったかと思います。2打席目には弾ませた
ショートゴロを打つも一歩及ばずアウト。正面ではなく三遊間に転が
せば悠々セーフという事も分かったかと思います。試合を経験すれば
様々な事を学ぶ事が出来ます。
森田は代打で出てヒットは打てませんでしたが、強く振れ、強いファ
ールも打てたので、次には必ず結果が付いて来ると思います。
吉川と杉山も途中から出してもらい、打球を上手く処理していました。
試合での一つのアウトは、練習での100本のノックに匹敵すると思
います。こうして試合を経験させてもらう事により、確実に上手くな
っていると思います。
後は、試合の失敗を自分なりに分析して、次に生かして行ってもらい
たいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年10月04日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

10月2日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの練習を行いました。
台風一過で朝から晴れたとはいえ、昨日はかなり雨が降ったので
グランドには水たまりが出来、その水抜きから始めたので、練習
開始は少し遅くなりました。
明日は支部大会があるので最終調整ですが、初めはグランドがフ
ルに使えなかったので、内野は1カ所でのノックと、外野とのノ
ックに分かれ守備練習をしました、
途中からはグランドがフルに使えたので、ケースバッティングを
入れてのフリーバッティングをしました。
明日の対戦相手は、世田谷南で強豪ですが、ベストを尽くしたい
と思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年10月03日
▲このページの先頭へ戻る

一年生大会 対世田谷ボーイズ戦

9月26日(日)          於:あきる野総合グランド

 

あきる野総合グランドで、一年生大会リーグ戦の初戦を行いました。
武蔵野府中・武蔵多摩・八王子桑都・あきる野4チームの連合チーム
で、世田谷ボーイズとの対戦です。
先行されましたが、逆転しそのまま行くかと思いましたが、途中から
はピッチャーも守備も散々で、終わってみたら大敗でした。
日野の選手は、森田が代打でいい当たりを打ちましたが、ショート正
面でアンラッキーの他は、3人とも投げるも、打つも、守るもいい所
なく終わってしまいました。
試合でいい結果を出せないのは、それは運もありますが、殆どは練習
でいい加減なプレーをしている所にあります。
何故なら、試合での無意識のプレーは、練習で多くやったプレーが出
るからです。
たとえばキャッチボールの捕球を、3割絶対に落とさないという気持
ちで捕球したとしても、7割をいい加減に捕球していたら、試合では
必ず落球やエラーが出るものです。
ですから練習では、日野ボーイズのスローガンにある、”練習の一球
に執念を燃やす” を実践していれば、試合でいいプレーをする確率は
高くなるはずです。野球は確率のスポーツです、日頃の練習の積み重
ねが、試合でのナイスプレーを引き出すものです。
試合をやったからこそ気が付けたと思います、それを練習で生かして
行ってもらいたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月27日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

9月26日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの練習を行いました。
アップ・キャッチボール・トスバッティングを時間をかけて丁寧に
行った後、今日は守備中心の練習です。
始めに内外野に分かれてそれぞれ時間をかけてノックを受け、次は
二組に分かれランナーを付けてのゲームノックです。
試合経験の少ない日野ボーイズの選手にとっては、守備においても
ランナーにおいても、試合のシュミレーション練習が出来、とても
有意義な練習を行う事が出来ました。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月26日
▲このページの先頭へ戻る

武蔵野府中B.専用練習場での練習

9月23日(木)          於:MHB専用練習場

 

武蔵野府中ボーイズ専用練習場での練習を行いました。
午前中のみ、いつも通りフリーバッティング・ティーバッティング・
ピッチングを、グループに分かれてローテーションで練習しました。

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月24日
▲このページの先頭へ戻る

海老名シニアグランドでの練習

9月20日(月)          於:海老名シニアグランド

 

海老名シニアのグランドを使わせてもらい、午前中練習を行いました。
たまたま1・2年生共練習試合で遠征に出てグランドが空いたので、
居残りの3年生9名と、ローテーションを組んで練習しました。
アップまでは一緒にさせてもらいましたが、さすがに強豪チームだけに
しっかりとしたメニューが組まれ、アップだけでも十分なトレーニング
になりました。
その後は、グランドとバッティングゲージとに分かれ、午前中一杯充実
した練習を行う事が出来ました。
飯塚監督と海老名シニアの選手に感謝感謝です。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月21日
▲このページの先頭へ戻る

東日本大会予選 対西多摩クラブ戦

9月19日(日)          於:青梅スタジアム

 

青梅スタジアムにて、東日本大会支部予選 対西多摩クラブ戦を行い
ました。
武蔵野府中ボーイズ 9 ー 18 西多摩クラブ で惨敗でした。
初回の大量失点が痛く、途中追い上げるも流れをつかむ事が出来ず
惨敗でした。
初回の先頭バッターに、ファールで粘られ2塁打されたのが、流れ
が相手チームに行ってしまい敗戦の大きな要因になってしまった気
がします。
タイミングも合っているとは思えませんし、その後の打者もタイミ
ングが合っているとは思えませんでしたが、流れがつかめずミスも
重ねてしまい、一気の大量失点があまりにも痛かったです。
日野ボーイズの選手は、杉山がライトで先発させてもらいましたが、
これといった活躍は出来ませんでしたが、公式戦に出場させてもら
い、試合の経験が出来ているという事に感謝しましょう。
杉山と、途中からライトを守った小林と二人共フライを落球してし
まいましたが、キャッチボールでどんな投球も絶対に落とさないと
いう事を徹底して練習していれば防げたエラーだったと思います。
試合で失敗して、練習でのキャッチボールの大切さを身を持って感
じてくれれば、大きな経験だったと言えると思います。
小林は当たりは決して良くありませんでしたが、セーフティーバン
トを決められた事は、大きな自信になったと思います。
来週は、又1年生大会があるので頑張りましょう。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月20日
▲このページの先頭へ戻る

武蔵野府中専用練習場での練習

9月12日(日)          於:MFB専用練習場

 

武蔵野府中専用練習場での練習を行いました。
狭いスペースですが、バッティング・ティーバッティング・ピッチ
ング・内野の連携プレーと、順番を決めてローテーションで充実し
た練習をする事が出来ました。
広いグランドがなくても、上手くなる為の練習は十分できますし、
狭いからこそ集中して出来るので、成長に必ずつながっていると思
います。
武蔵野府中の選手のバッティングを見ると、そのパンチ力はこの練
習があるからこそとつくづく感じます。

 

監督 佐藤

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月13日
▲このページの先頭へ戻る

連合チーム合同練習及び練習試合

9月11日(土)          於:谷戸沢球場

 

谷戸沢球場にて、1年生大会に出場する連合チームでの合同練習及び
練習試合を行いました。
武蔵野府中・武蔵多摩・八王子桑都・あきる野の4チームで連合チー
ムを組み、試合前にシートノックをしてから練習試合を2試合行いま
した。武蔵野府中ボーイズの一員として出場している日野の選手は、
2試合目に出してもらいました
杉山は先発ピッチャーで、初回バックのエラーで3失点しましたが、
その後は2~4回を完璧に押さえるピッチングが出来ました。この先
経験をたくさん積んで行けば、中学でもトップクラスの投手に成長出
来るはずです。
2番センターで出させてもらった小林は、足を生かしてセーフティー
バントを2本決めましたが、盗塁ではスライディングをせずオーバー
ランしてしまったり、ノーアウト3塁のショートゴロで無理に突っ込
みスライディングをせずにアウトになったり、野球の知識の未熟さを
露呈した形になりましたが、すべてが経験で一つ一つ野球の知識を増
やしていけばいいと思います。
森田は、6番レフトで出してもらい、打撃では初球からフルスイング
が出来、2球目をショートゴロを打つ事が出来ました。試合を経験し
て行けばもっといい結果を出す事が出来ると思います。
吉川は、途中からセカンドに入り打席も回りましたが、ツーストライ
クからカーブを泳がされ内野ゴロでしたが、三振しないで内野ゴロで
終わる事が大切なので、最低限の仕事は果たせたと思います。ついて
ないで片づければいい事だと思います。
試合の後は連合チームで練習をしましたが、延々と内野ノックを捕っ
て投げる練習をしました。
小林はふくらはぎがつり足を痛めたので途中で休みましたが、何でも
100%でプレーする小林には、オーバーワークだったのかも知れま
せん。他の選手も朝からトータルすると300球以上は投げているか
と思われますが、肩が痛くなったりしないのは凄いなと思う反面、ペ
ース配分を考えて投げてしまっているのかなと思うと、それが将来を
考えた時、いい事なのかどうか疑問を感じてしまいます。
何はともあれこうして試合の経験をさせてもらった事、連合チームの
各チームに感謝です。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月12日
▲このページの先頭へ戻る

八王子大会 対東京ベルディボーイズ戦

8月5日(日)          於:上柚木球場

 

武蔵野ボーイズさんの一員として、八王子大会2回戦 対東京ベルディ
ボーイズ戦を戦いました。

 

東京ベルディボーイズ | 002 820 | 12
武蔵野府中ボーイズ  | 200 072 | 11

 

残念ながら12対11での時間切れ6回での惜敗でした。
東京ベルディボーイズは、試合前のノックの時から軽快な守備をして、
ピッチャーも速い球と落ちる球をコントロール良く投げていたので、
コールド負けも頭をよぎり、実際5回に得点が無ければコールド負け
でしたが、そこから怒涛の反撃を始め、最後1本出ればサヨナラ勝ち
という場面まで攻め込みました。
日野の選手は、吉川と杉山が先発で出してもらい、杉山も吉川に続き
初打席でヒットを打ちました。杉山も野球選手で一番大切なツキを持
った選手かと思います。ツキだけでなく努力を重ねいい選手に育って
もらいたいと思います。
途中からは小林も出してもらい、この試合のテーマである三塁手に捕
らすセーフティーバントが出来たので良かったと思います。
間一髪アウトでしたが、あれだけシフトを引かれても間一髪なので、
普通に出来ればまずセーフでしょう。足を生かす攻撃に徹底する事が
大切です。
残念ながら今回も、最後接戦になってしまったので森田の出番はあり
ませんでしたが、昨日自主トレに足を運んでバッティング練習をした
様に、試合で打ちたいという気持ちがある限り結果は必ず付いて来ま
す。それまでは我慢して努力を続けましょう。

 

それにしても東京ベルディボーイズの選手は、いい指導を受けている
のかなと感じるプレーをしていました。
高い部費を徴収していると聞きましたが、ハイグレードな学習塾と一
緒で、高い授業料を払って、優秀な講師がいて、難関校に大勢入学さ
せるというのと同じで、悪い事ではないと思います。
日野ボーイズを作った20年程前に、私の先輩が巨人のスカウト部長
をしていたので、巨人もサッカーと同じ様に子供達を教えるサテライ
トをなぜ作らないのかと話した事がありました。
今では楽天シニアや、小学生に関してはすべての球団がアカデミーを
持ち、プロで花を咲かせられなかった優秀なコーチ陣が、セカンドキ
ャリアも兼ね指導をしています。
それを特化したのが東京ベルディボーイズなのかなと勝手に思いまし
た。
部員をたくさん集め、その中から上手い選手でチームの勝利の為に活
動すチームとは、目的が違う様な気がします。
帝京高校の前田監督が、退任を前にこんな事を言っていました。

 

「ここ数年高い能力を待ち、完成された中学生を多く集めてチームを
作るという動きが加速している様に感じる。いい選手を集めるのが悪
い事だとは言わないが、集め過ぎると埋もれる選手が出て来る、この
傾向が強まるとチーム力が偏り地域性が失われて行く。技術はまだま
だでも、土台がしっかりしていれば選手は必ず伸びる、”育てる事”
を今一度見直すべきではないか。3年前の金足農業、地元選手だけで
甲子園準優勝、あの盛り上がりどんな高校だって甲子園のチャンスが
ある、それこそがこれからの高校野球のあるべき姿ではないでしょう
か」

 

中学野球も一緒で、ボーイズも昔バンダリー制度があり、地元の子
供達の育成というのが活動の第一の目的だったはずです。
自分達のチームが勝つ事を第一の目的にしてしまうと、硬式野球は
選ばれた選手だけのスポーツ感が強くなり、誰でも出来るスポーツ
でなくなってしまいます。
その結果野球離れが加速してしまい、ひいてはオリンピック種目
から外されてしまうのは仕方のない事です。
本来なら、東京ベルディボーイズの様なチームは、ボーイズリー
グの本来の指針とは違うので、その類のチームが集まり、一つの
リーグを作るべきなのかなと思います。
しかし、こうして加盟が承認されたという事は、ボーイズリーグ
の本来の指針が崩れているという事なのかも知れません。
日野ボーイズは地域性を重視し、集まってくれた選手達を育て、
個々の力を融合させ、強いチームに立ち向かっていくチームを目
指して活動して行きたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年09月06日
▲このページの先頭へ戻る

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。