日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

東光寺グランドでの練習

4月14日(土)          於:東光寺グランド・室内練習場

 

明日が関東ボーイズ1回戦の試合があるので、試合前の最後の仕上げ
の練習を行いました。
今日も高校を出たばかりの増島コーチの生きた球を打ち、より実践に
近い練習が出来ました。
シートバッティングは、ノーアウト1塁・ノーアウト2塁のセーフテ
ィーでの送りバント、ワンアウト3塁での外野フライ・内野ゴロ・セ
ーフティースクイズ、ツーアウト2塁でのタイムリー狙いのバッティ
ングを順番に試合を想定して打ちました。ファール・空振り・失敗は
すぐ交代、実践ではチャンスは1度です。試合を想定してのケースバ
ッティングを行いました。
その後はシートノックをして午前のグランド練習は終了。かなり手ご
たえのある仕上がりが出来たかと思います。
午後は室内練習場で2時間打ち込みました。
流山ボーイズとはいえ、ミスさえしなければ十分勝機はあります。
選手を信じて、あくまでもチャレンジャーである事を忘れず、失敗を
恐れずのびのび試合をしたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2018年04月16日
▲このページの先頭へ戻る

関東ボーイズ開会式

4月1日(日)          於:西武ドーム

 

西武ドームでの関東ボーイズ開会式が行われました。
約200チームが集まり、参加チームの数からすればボーイズリーグ
の大会の中で一番大きな開会式かと思われます。
先日行われた支部大会の開会式では、日野ボーイズ始まって以来最低
の入場行進でした。
土曜日に行進練習をした事もあり、支部大会よりは良かったですが、
まだまだヒザの上がり、腕の振り、声、強豪チームには程遠い行進で
した。
見本になるチームがたくさん出ているのだから、参考にしてもっと素
晴らしい行進をしてもらいたいのですが、素晴らしい行進をするとい
う気持ちにならなければ絶対に良くなりません。
野球だけでなく、勉強でも、友達付き合いでも、もっと明るく大きな
声を出して生きてもらいたいものです。
今のままでは、人間として何も魅力がありません。だから野球も進歩
しません。野球はやるかやらないか、黒か白か、0か100かです。
中途半端な事しか出来ないなら早く辞めて他の事をするか、やるなら
100の力を出してやってもらいたいものです。

 

監督 佐藤

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2018年04月02日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

3月31日(土)        於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの一日練習です。
午前中はAグランドなので、フリーバッティングとシートバッテ
ィングを3時間打ち込みました。
シートバッティングでは増島が投げてくれて、ツーアウト二塁、
ワンアウト三塁からのセーフティースクイズ、バスターヒッティ
ング、低い打球を打っての得点バッティングと、ケースによって
のケースバッティングを行いました。
バッティングのいいチームには、必ずいいバッティングピッチャ
ーがいます。増島が来てくれた時にはたくさんバッティング練習
をこなしたいと思います。

 

午後は投・内連携の練習を行いました。
セカンドへの牽制の練習、バントシフトなど、細かい練習を時間
をかけて行いました。
その後は、ピッチャーのバント処理、ゴロの内野との連携処理な
どに時間をかけ、小原さんによるシートノックを行いました。
練習で大切な事は、1球を大切にする、パーフェクトなプレーを
目指すです。
今一度徹底させて行きたいと思います。

 

監督 佐藤

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2018年04月02日
▲このページの先頭へ戻る

全国大会開会式観戦及び薩摩川内ボーイズとの練習試合

3月26日(月)     於:大田スタジアム・千葉中央ボーイズG.

 

今日は、春季全国大会の開会式を見せる為に、私の運転するマイクロ
バスで大田スタジアムに向かいました。
今年の夏の全国大会出場を目指しているので、会場が違うとはいえ全
国大会に出場して来ているチームや、開会式を見て何かを感じて欲し
いとの理由で、仕事を休み選手を連れて行きました。

 

終了後は、私の大学時代の同期が鹿児島の薩摩川内ボーイイズという
チームの監督をしていて、初日に試合がなくグランドがないかとの連
絡を受けたので、グランドを確保し練習試合を行う事にしました。
宿舎が市原との事なので、帰り時間の負担を考え千葉中央ボーイズさ
んのグランドを借りて練習試合を行いました。
薩摩川内ボーイズは、ここ6年で4回春の全国大会には出場して来て
いて、その度に夜には飲み会で昔の思い出話に花を咲かせています。
去年は宿舎が川崎だったので、同期や後輩が20名程集まり同窓会の
様な飲み会になりました。
卒業して41年が経ちますが、上下関係や説教が死ぬほど辛かった半
面、アメリカ遠征も経験しいい思い出もたくさんあるので、余計強い
絆で結ばれていて、60歳を過ぎた3年前からは年に一度同期会を始
めました。
始めた理由は、全国から集まるのは大変ですが、これが最後かも知れ
ないという気持ちが年々強まるからですが、昨年は残念ながら大切な
同期が二人亡くなってしまいました。
だからこそ今回は面倒を見ているのと、日野の選手に全国大会出場チ
ームの実力を肌で感じて欲しいという理由から、練習試合を組みまし
た。

 

【第一試合】
薩摩川内 | 221 360 0 | 14
日  野 | 004 000 0 |  4
木村・辻野・佐藤(龍)・川瀬・須崎ー佐藤(夢)
本塁打(須崎) 二塁打(須崎)

 

木村が初回に相手に死球を与えてしまい、すぐに変わってしまった
事もあり、後半はいつも投げていない投手に投げさせたので、全国
クラスには通用せず、大敗でした。
但し、勝つ野球でなく、相手が明日の試合で色々仕掛けられても大
丈夫な様に、内野のバントシフトやトリックプレーなどをたくさん
使い、攻撃面でもセーフティースクイズ、ディレードスティール、
スティール、バスターなどランナーに出たら必ず動いた事も大敗の
原因ですが、明日の試合の為になる事が第一でしたので仕方ありま
せん。

 

後日談になりますが、練習試合をするにあたってデッドボールだけ
が心配でしたが、当ててしまいそれがエースでした。
翌日の試合では時間切れで5回で終了しましたが、5回表まで2点
差で勝っていて、その裏3連続四球から走者一掃の三塁打を浴び、
1点差で負けたそうです。
その試合エースは投げられず、相手は優勝した愛知豊橋だったので、
エースへのデッドボールさえなかったらと思うと、申し訳ない気持
ちでいっぱいです。
常に言っている事ですが、練習の1球を大切に、練習ではパーフェ
クトのプレーを心がけるという事を、今一度徹底させて行きたいと
思います。

 

【第二試合】
薩摩川内 | 000 013 | 13
日  野 | 311 0  |  5
吉田・牧野・高島ー高島・上野
三塁打(川瀬) 二塁打(吉田)

 

日野は新1年生が3名入った1・2年生中心ですが、試合の立ち
上がりから得点し、下級生も良く頑張りました。
最終回に高島を変えず投げさせ続けたので、相手の打線が途切れ
ることなくヒットを量産し13得点されての敗戦です。
打たれたという事は、全てストライクが入ったという事なので、
それはそれで褒めてあげましょう。
薩摩川内の試合に出ていない選手にしたら、東京でのいい思い出
になったかと思います。

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2018年04月02日
▲このページの先頭へ戻る

大田ボーイズとの練習試合

3月18日(日)            於:大田ボーイズG.

 

大田ボーイズとの練習試合を行いました。
強豪チームとの練習試合は、自分達がどの程度の力があるかを計れ
る意味もあり非常に貴重な経験になります。
今年のチームはそこそこ力があるので大田ボーイズさんには迷惑を
かけないですみましたが、毎年力がないチームを快く受け入れてく
れる長島総監督には感謝の念で一杯です。

 

【第一試合】
日 野 | 111 010 0 | 4
大 田 | 100 102 1×| 5×
木村・小原ー佐藤(夢)
二塁打(辻野)

 

初回、先頭辻野の二塁打から確実に先取点を取り、その後も1点
づつを確実に追加していき、攻撃は非常にいいリズムで進められ
ました。
但し6回に3四死球を与え2失点したのが痛く敗因になりました
が、初回から飛ばしていた木村だけに5回で見切り、ピッチャー
をつないでいくべきで、私の判断ミスが大きかったかと思います。
最終回の1失点もエラーから始まったもので、試合の勝敗はミス
をした方が負け、という事実を敗戦の中で教訓としてもらいたい
と思います。
負けはしましたが、攻撃陣もいいし投手陣もいい形が出来て来た
ので実のある試合を実感出来ました。

 

【第二試合】
大 田 | 011 000 0 | 2
日 野 | 003 000 × | 3×
辻野・佐藤(龍)ー佐藤(夢)
二塁打(辻野)

 

3回に連打と四球を絡めて一挙3得点出来たのが勝因ですが、そ
れだけでなく、フライが2個だけで、四球を5個選んだのも大き
かったかと思います。
勝つ為のセオリーは、フライを打たない、三振をしない、四球を
出さないで、これらすべてを0にしたら結果は必ず付いて来るも
のです。
その事をうるさく言い続けて来ましたが、やっと理解して来たの
で安定した試合運びにつながってきているかと思います。
関東ボーイズの組み合わせが決まり、初戦から流山ボーイズで強
豪チームとの対戦が決まりましたが、相手に勝つ前に自分達の出
来る事を確実にこなす事に徹底していきたいと思います。

 

監督 佐藤

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2018年03月19日
▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。