日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

立川シニアとの練習試合

8月23日(日)     於:立川シニアグランド

今日は立川シニアとの練習試合を行いました。

竹枡監督とは同期で、社会人野球時代同じ東京支部のチームに所属
していた関係でよく試合をしました。
そんな関係で今回試合を組んで頂きましたが、2試合とも大差での
惨敗で、立川シニアさんには大変申し訳ありませんが、日野ボーイ
ズにとっては同年代でもこれだけ実力の差がある事を体で知る事が
出来、大変実のある経験をさせて頂きました。
又、菊地総監督とも共通の知人の関係で、以前より面識があり選手
勧誘の件などで相談させて頂いたりしていましたが、こんな試合し
か出来ず大変申し訳なく思っております。今後練習を積んで来ます
のでこれに懲りず、今後ともよろしくお願いする次第です。

第一試合
立 川 | 6111 221 0 | 23
日 野 | 003 200 0 | 5
     戸所・原田・玉井ー蒲谷

12四球・20安打を与えては試合にはなりません。
実力の違いがあるので20安打は仕方ないとしても、12四球を与
えてはストライクを取りに行った甘い球を打ち返されるのは当然の
事でしょう。
まずは初球からストレートでストライクを取りに行くという基本的
な事を覚え、そこで打たれてどうしたら抑えられるかという事を考
ていく、投手としての心構えをしっかりと実に付けて行ってもらい
たいと思います。
しかし、3回には4安打・2四球をからめて3点、4回には4死四
球と内野ゴロで2点を取った攻撃は素晴らしいものがありました。
こういう攻撃も出来るのだから、無駄な失点を与えず1点づつ確実
に取っていく攻撃をしていけば勝つ確率は高くなっていくと思いま
す。

第二試合
日 野 | 100 001 0 | 2
立 川 | 126 620 × | 17
     柊澤ー蒲谷

昨日調子の良かった柊澤が、どこまで通用するか見ものでしたが、
やはり甘くはなく20安打17失点を喫しました。
しかし、4四球とコントロールはかなり安定していましたし、失点
は被安打だけが原因ではなく、4失策ないし記録には残らないラン
ナーを置いての外野手のゴロのはじきなどがあったのでこれだけの
失点になってしまったと思います。
それだけでなく、wヘッターの場合本来なら第一試合にエースを立
てるのが常套手段ですが、この日戸所が午前中のみとの事なので、
一試合目に先発させ3回くらい抑えてくれればいいかと思いました
が野球はそんなに甘くはなく、練習をしていない選手がいくら3年
生とはいえ活躍出来る訳がなく、その監督としての考えの甘さが実
力の違いだけでなく、全てを狂わせてしまったと思います。
今日の戦犯は完全に監督の私にあると思います。
今後3年生にも練習・試合に参加させ少しでも多く経験を積ませ、
高校へ送り込もうと思いますが、あくまでもサブの使い方をしてい
かなければいけないという事を痛感させられた試合でした。

090823 立川シニア①

090823 立川シニア②

090823 立川シニア③

090823 立川シニア④

090823 立川シニア⑤

090823 立川シニア⑥

090823 立川シニア⑦

090823 立川シニア⑧

▲このページの先頭へ戻る

昭島ボーイズとの練習試合

8月22日(土)     於:昭島ボーイズグランド

今日は昭島ボーイズとの練習試合を行いました。
昭島ボーイズの新チームは三鷹ボーイズとの連合チームです。

第一試合
日 野 | 100 010 0 | 2
昭 島 | 000 000 0 | 0

柊澤の攻守の活躍と、中心選手の活躍が目立つ試合でした。
初回柊澤のヒットと津田の長打で1点。
5回は日向野の日野ボーイズ初ヒットを足場に、柊澤のヒットと
玉井のタイムリーで1点。
柊澤は7四球を出すものの、要所を締め完封勝利。
完封はしたものの7四球は多すぎ、コントロールの課題は残した
とはいえ大きな自信になった試合だと思います。

第二試合
昭 島 | 011 021 0 | 5
日 野 | 000 301 9 | 4

先発原田が体調不良で1回も持たずに降板。
急きょ登板した井手本が試合を作り、津田とつないでいい試合展
開にはもって行きましたが1点が届かず惜敗。
4回に四球を足場に、蒲谷・竹内のヒットと川島の内野ゴロで効
率良く3点を取った攻撃は成長を感じましたが、5回にツーアウ
ト2・3塁のなんでもないショートゴロをキャプテン玉井がラン
ニングスローして暴投したプレーが大きかったです。
高校野球であんなプレーをしたら1年間試合に出れなくなります、
公式戦なら完全に干されます。これをいい機会に反省し二度とあ
あいうプレーをしないようにしなければいけません。

090822 昭島①

090822 昭島②

090822 昭島③

090822 昭島④

090822 昭島⑦

▲このページの先頭へ戻る

上野原ボーイズ・伊勢原ボーイズとの練習試合

8月9日(日)     於:上野原ボーイズグランド

上野原ボーイズグランドで、伊勢原ボーイズ・上野原ボーイズとの
練習試合を行いました。

第一試合
日 野 | 100 111 0 | 4
伊勢原 | 022 110 × | 6×

初回にいい形で先取点を取るも、2回に連続四死球とワイルドピッチ
で2失点、その後も相手に効率のいい点の取られ方をされ6失点。

2回・3回は自由に打たすも、早いカウントから打って凡打を重ねて
無得点。
早いカウントから打つのはいい事なのですが、何でもない投球を打ち
損じというより打ち負けていたら、ベンチとしたらセーフティーバン
トの構えでウエイティングさせてファオアボールを狙う方が出塁の確
率は高いので、そうせざるを得なくなります。

練習試合なので勝利より個人の打力アップを考えての、初球から打て
なのですが、一部の選手を除いては11月には全国大会の予選がある
ので、バントやバスターヒッティングに磨きをかけた方がいいのかも
知れません。

実際4回からはウエイティングをさせると、球数を投げさせ得点を重
ねる事が出来ています。もう一本が出ていれば勝ちに繋がるのですが
それを求めるのは酷ですし、せめて強いゴロを打てる事を心がけさせ
る様にしようと思います。

第二試合
日 野 | 000 000 0 | 0
上野原 | 433 000 × | 10×

初回ノーアウト2塁でけん制飛び出しのランナーを殺せなかったのが
全てです。
サインで逆回転のけん制をした時ランナーが飛び出したので、儀投し
て外してサードへ投げれば何でもないプレーでした。

埼玉大会決勝戦で優勝した聖望学園の先取点が、埼玉栄のサードへの
けん制をサードが前に出てしまいそのまま投げてしまったのでボーク
で点が入りましたが、儀投してはずせば何でもなかったプレーを例に
取り、あれだけセカンド・サードへのけん制は合わなかったら外せと
教えたのですが、それが出来てない事が非常に悔しいし、柊澤の野球
に対する考えの甘さが試合をぶち壊しました。

今日は試合中も徹底して怒りましたが、こんな事をしているなら日野
ボーイズの活動をしない方がいいとまで思いました。
人数が2年生9人しかいなく、いつでも何をしても試合に出られるし、
こんなチームが立派なチームと練習試合や合同練習が出来るありがた
みを分かっていない、先輩達が築いた歴史やスタッフのコネクション
の強さでこれだけの活動が出来ている現実を保護者も含め思い知らな
ければ、日野ボーイズは活動する意味がありません。

こんな甘えた気持ちで高校野球をやっても、いい結果が出る訳があり
ませんが、どうにかチームを立て直さなければなりません。
これからはもっと厳しく接する様にして行こうと思います、でなけれ
ば一部の甘えた選手の為に将来のある一生懸命プレーしている選手が
かわいそうだからです。

試合は3回までに10失点、攻撃も打っていくしかなく、ただ打つだ
けだと2安打するのが精一杯、この現実を選手は真摯に考えて、ガチ
ンコ勝負をしても絶対に勝てないので、それならどうしていけば勝て
るのかをもう一度考え直し、余計なプライドを捨てていかないと楽し
い思いでは残せなくなります。

090809 上野原①

090809 上野原②

090809 上野原③

090809 上野原④

090809 上野原⑤

090809 上野原⑥

▲このページの先頭へ戻る

多摩ファイターズとの練習試合

8月2日(日)   於:一本杉球場

一本杉球場で多摩ファイターズと練習試合を行いました。
雨脚が強くなり、終了後予定していた合同練習は中止になり
ました。

日 野 | 000 001 0 | 1
多 摩 | 000 000 2×|2×

せっかくいい展開で1点を取ったのに、雨が強くなったとは
いえ柊澤が踏ん張れずサヨナラ負け。

その前4回にノーアウト2・3塁のビックチャンスをもらっ
たのに、二人の打者がバントを出来ず1点も取れませんでし
た。

昨日あれだけセーフティスクイズの練習をしたのに、前に転
がせなければ点は取れないし、勝てる訳がありません。
バントの構えからインフィールドにゴロを転がせなくて、ス
イングしてヒットが打てる訳ありません。

海老名シニアで合同練習した時の事を思い出して、失敗した
らすぐ交替という危機感を待たなくては、いつまでたっても
上手くはなりません。

090802 多摩①

090802 多摩②

090802 多摩③

090802 多摩④

090802 多摩⑤

▲このページの先頭へ戻る

関東大会東京都西支部予選 対昭島ボーイズ戦

6月28日(日)   於:関東村

関東大会東京都西支部予選 対昭島ボーイズ戦を戦いました。
3年生にとっては最後の公式戦でしたが、残念ながら力及ばず5回
コールドでの惨敗でした。

昭 島 | 031 12 | 7
日 野 | 000 00 | 0(5回コールド)   美濃岡ー蒲谷
     二塁打(玉井)

昭島の得点は、初回は三人で押さえたものの、2回に2死球と長打
・単打で3点、3回は3失策で1点、4回は三塁打・単打で1点、
5回は2安打・内野ゴロ・スクイズで2点と理想的な点の取られ方
をされました。

それに比べて日野は、玉井・井手本のヒット2本のみで5三振を喫
しては何もなすすべがありませんでした。
実力の差と言ってしまえばそれまでですが、それでも勝つすべを探
さなければなりません。

攻撃においては絶対に三振をしない、出来る限り強いゴロを打つ事
に徹する。
守備においてはピッチャーはストライクを投げる、野手は打球を後
ろにそらさない、暴投をしない。
それだけが出来ただけで、点差は確実に縮まると思います。

新チームからは個人個人がまずは確実性を高める事に徹して、勝て
る確率を高めて行きたいと思います。

090628 昭島戦①

090628 昭島戦②

090628 昭島戦③

090628 昭島戦④

090628 昭島戦⑤

▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。