日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

京葉ボーイズとの練習試合

5月19日(土)        於:四街道運動公園野球場

 

京葉ボーイズとの練習試合を行いました。
勝本代表とは仕事も含め以前より親交があったので、今のチームと
の練習試合をお願いしていましたが、やっと叶いました。
今年の春季全国大会も準優勝しただけに、出て来る全てのピッチャ
ーの球の切れ、コントロール共に素晴らしいものがあるし、野手も
特に内野手のフィールディングは関口監督から見本を見せながらの
指導を受けているだけに、理にかなった中学生にしてはかなり完成
されたフィールディングをしていました。
バッティングに関しても、しっかりと引き付け力強いバッティング
をしていました。
身体能力が高く、野球センスも良く、考える向上心の高い選手に英
才教育をすれば、全国のトップに立てるのもうなづけます。
こんな素晴らしいチームと練習試合が出来たのだから、今の自分と
比較して何が足りないかをしっかりと考えてもらいたいと思います。

 

【第一試合】
京 葉 | 000 006 0 | 6
日 野 | 000 000 0 | 0
木村・小原・佐藤(龍)・小原ー佐藤(夢)
二塁打(川瀬)

 

木村が素晴らしいピッチングをして、5回まで京葉打線をノーヒット
5三振に抑えましたが、6回先頭バッターに初ヒットを許し盗塁され
ノーアウト2塁から牽制トリックプレーで飛び出したのにサードへの
送球をそらすミスを犯し、その後ヒットを許し失点。代わった投手が
連打を浴び万事休す。
接戦はミスを犯した方が負けで、一気に流れが相手に行ってしまいま
す。せっかく京葉がミスを犯し飛び出したのに、それを確実にアウト
にさえしておけば流れが日野に来て勝敗はどうなったか分かりません。
たかがワンプレーですが、されどワンプレーで、このプレーで勝利の
女神は京葉に微笑んでしまいました。
このプレーを全員が反省し、練習のキャッチボールの一球に試合で起
こるであろうプレーを常に想定し、緊張感を持って取り組んでもらい
たいと思います。
さすがに京葉打線は、ピッチャーが少し落ちると確実に投球を捉え、
5連打と、一人アウトの後の2連打で一気に6得点と畳みかけられて
しまいました。
これだけのピッチャーは簡単には打ち崩せません。しかし5三振5フ
ライアウトを喫し、相手ピッチャーに7回で104球しか投げさせら
れなければ、反撃の糸口さえありません。勝機があるとすればフライ
アウトにならない、三振をしない、球数を投げさす、これらを徹底し
て相手のミスを待つしかありません。
東村山中央ボーイズのピッチャーも好投手です。勝つ為には全員が同
じ考えに徹し、同じ戦法で戦って行かなければ勝機はないと思います。

 

【第二試合】
日 野 | 000 110 0 |  2
京 葉 | 372 002 × | 14×
辻野・小原・佐藤(龍)ー佐藤(夢)
二塁打(辻野)

 

初回に3与四球、4安打で3失点。2回に3与四球、2安打、2失
策で7失点で試合は終わってしまいました。
試合の始まりで大量失点してしまっては作戦の立てようがありませ
んし、何より相手チームに失礼です。
せっかく京葉ボーイズと練習試合が出来たのだから、もっと自分の
実力をアピールする気持ちでプレーしてもらいたいものです。
練習試合はギブアンドテイクで、お互いにメリットがないと意味が
ありません。打てない守れないなら走れといつも言っています、せ
めて全力疾走を見せないと次はもう相手をしてくれません。
後輩達の為にも次からの練習試合には、自分達だけでなく相手の事
も考えたプレーをしてもらいたいものです。

 

監督 佐藤

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲このページの先頭へ戻る

川越初雁ボーイズとの練習試合

4月30日(月)       於:川越初雁ボーイズグランド

 

川越初雁ボーイズとの練習試合を行いました。
今日も私が不在でしたので、牧野コーチに指揮を任せました。
結果は以下の通りです。

 

【第一試合】
日  野 | 060 001 2 | 9
川越初雁 | 300 030 0 | 6
木村・辻野・須崎ー佐藤(夢)
二塁打(辻野3・小原・佐藤(夢))

 

初回の3与四球、1失策での3失点はいただけませんが、その裏す
ぐに5安打、2四球で一挙6得点はさすがでした。
失点した後、すぐの大量得点は大きく試合を決めたかと思います。
但し、4与四球は最低ラインとして、6フライアウト、4失策をし
ていては1点差勝負をものにする事は出来ません。しっかり反省し
て次の試合に臨んで下さい。

 

【第二試合】一年生
川越初雁 | 030 201 0 |  6
日  野 | 003 019 × | 13
牧野・生江・船頭ー青木
二塁打(牧野)

 

川越が11与四球なのに対し、日野は1与四球なのは立派なもので
す。それが結果に表れているかと思います。
6回に一挙9得点したのが勝因ですが、その中で1年生だけで4安
打しているのが立派です。
たくさん試合をして、たくさん失敗していろいろな経験をする事が
必ず成長の近道になります。但しそこでただ失敗するだけでなく、
何が悪かったのかを考え、分析して行かなければ成長は望めません。
まずはしっかり野球ノートに記録していきましょう。

 

監督 佐藤

 

 

▲このページの先頭へ戻る

関東ボーイズ大会1回戦 対流山ボーイズ戦

4月22日(日)           於:柏ボーイズグランド

 

関東ボーイズ大会1回戦 対流山ボーイズ戦を戦いました。
結果は6-8で惜敗でしたが、選手は確実にステップアップして来
ていて全国大会予選が楽しみになりました。
とはいえ、悪い所は相変わらずで、想定通りの試合結果でもありま
す。今から悪い所を直そうとしても直るものではないので、ある程
度のマイナス面には目をつぶり、その分差し引きプラスになる様な
いい所をもっと伸ばす様な手を打っていきたいと思います。

 

日 野 | 100 100 4 | 6
流 山 | 011 402 × | 8×
木村・辻野・須崎・佐藤(龍)ー佐藤(夢)
二塁打(辻野・蘇武・川瀬)

 

初回に四球から送ってタイムリーと先取点を取り試合展開を有利に
運ぶも、2回に四球からヒット・スクイズで同点、3回は失策から
盗塁・ワイルドピッチと犠飛で1点、逆転される。
しかし4回には四球とエラーから同点に追いつくが、その裏連続四
球ヒットエラーと重なり、連打で一挙4失点試合が決まってしまう。
6回にもゲッツー崩れと失策からタイムリーで2失点。
最終回4本ヒットを集め4得点したのは素晴らしい集中力でした。

 

いつも勝つ為に必要な事と言い続けている事は、投手は四球を出さ
ない、野手はフライを打たない、三振しない、勿論エラーをしない。
この4つを最小限に抑えられたら結果は必ず付いてきます。
今日の試合を分析すると、三振が9、与四球が5、エラーが3、こ
れではいい試合をしても勝てません。
打者は相手の投手がいいのだから、ツーストライクまではヒット狙
いはいいとして、ツーストライク後は少しでも投げさせゴロで終わ
るという事を徹底しなければ、投手を崩す事は出来ません。
いい球を持っている投手は、まずはストライクを取る事に集中する
べきです。そしてエラーは仕方ないとしてもフライの落球をしてい
ては勝つとかの以前の問題になります。
そして今日の様な砂地のグランドは、思っている程弾みません。だ
からキャッチャーは何本も又の下を抜けてしまうし、ショートゴロ
もしかりです。 “ゴロは手の平で止める” という基本を体に染みつ
かせていれば、打球が弾まず又の下を抜かれる事は無いはずです。
間違った事をたくさんやればやる程下手になるというのはこういっ
た事かも知れません。
全国大会予選まではあと1カ月ちょっとです、勝つ為には何をしな
ければ行けないかがハッキリ分かっているのだから、それらを練習
でしっかりこなして行けば必ず結果はついて来ます。
各人が自分の使命をしっかり把握して、試合に臨みましょう。

 

監督 佐藤

 

▲このページの先頭へ戻る

横田サムライとの練習試合

4月8日(日)          於:横田基地内グランド

 

横田基地内で横田サムライチームと練習試合及び懇親会を行いまし
た。
全国大会に出場した時のOB選手の父親で、日野ボーイズの監督も
していた事もある、横田基地勤務の川岸さんの計らいで、定期的に
こういう機会を頂いております。
関東ボーイズ前の前週なので雑な試合は出来ませんが、午前中は日
野ボーイズだけでグランドを使わせてもらい練習し、試合は下級生
で行い、その間レギュラー組は隣のグランドで練習を出来たので、
懇親会も含めいい時間を過ごせたかと思います。
何より初めて横田基地内に入る選手もいて、外国人との触れ合いを
通し、グローバルな考えを持つ選手になってもらいたいと思います。
これを機に、日の丸を背負って世界と戦いたいという気持ちが芽生
えたならうれしいものです。

 

【第一試合】
日 野 | 551 51 | 17
横 田 | 000 20 |  2
須崎・吉田・牧野ー上野
三塁打(牧野) 二塁打(古川・須崎・上野・牧野)

 

【第二試合】
連合チームによる紅白戦

 

 

≪ランチ≫

▲このページの先頭へ戻る

室内練習・武蔵多摩ボーイズとの練習試合

4月7日(土)            於:関戸グランド

 

午前中室内練習場で打ち込みをしてから、午後は関戸グランドで
武蔵多摩ボーイズと練習試合を行いました。

 

練習前にミーティングを行い、チームのスローガンである“練習の
1球に全てをかける”という事の徹底を指示し、特にチームの投打
の中心である木村と辻野には、その事で模範になるプレーを心がけ
チームを引っ張って行って欲しい旨をお願いしました。

 

午後からは武蔵多摩ボーイズと練習試合を行いましたが、相手に合
わす事無く、雑にならず、投手は完ぺきに抑える事、打者は1点で
も多く得点する事を目的に実施しました。
2試合目は新1年生と2年生のみの試合を行いました。

 

【第一試合】
日  野 | 116 40 | 12
武蔵多摩 | 011 20 |  4
木村・小原・辻野・須崎ー上野
三塁打(木村) 二塁打(須崎)

 

完璧な試合をするという意味からは程遠い、少し雑な試合になっ
てしまいました。
5回で5与四球、それが全て失点に結びついてしまっています。
4人の投手でつないだので、まずは先頭バッターを確実に押さえ
るという事を確実にこなさなければ行けません。
又、攻撃では2三振、2飛球を上げてしまっています。
試合で結果を出す為のセオリー、投手は四死球を出さない、打者
はフライを上げない、三振をしない、これを守ってもらいたいも
のです。

 

【第二試合】
武蔵多摩 | 528 0 | 15
日  野 | 310 1 |  5
吉田・牧野ー青木

 

新1年生5人と2年生4人で、相手は3年生も入っているチーム
に対しての試合としては、善戦したと思います。
試合をやらなければ分からない事、見えてこないものなどがたく
さんあります。それに何より試合は楽しいです。
楽しいから上手くなろうとたくさん練習しようと思うし、楽しい
気持ちを感じた時は、自分の持っている資質が表に出て来るもの
です。
ですから選手には、たくさん試合をさせてやりたいと思います。

 

 

≪練習≫

 

≪練習試合≫

▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。