日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

東光寺グランドでの練習

7月31日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドで練習を行いました。
今日は、今後の連合チームでの活動の事で練習前に保護者に集まっ
てもらい、ミーティングを行ってから練習を始めました。
選手の上達の為には試合を少しでも多くこなす事が必要不可欠とい
う考えから、選手には少しでも多く試合をさせてあげたいので、連
合チームを組んで試合が出来る環境を与えてやりたいと思います。

 

今日は、増島コーチが来てくれたので、フリーバッティングをたく
さん打ち込みました。
バッティングの後は、せーフティーバントの練習をしました。試合
で勝つ為には絶対必要な技術で、先日のオリンピックのドミニカ戦
に勝てたのも、甲斐のセーフティースクイズが大きかったと思いま
す。昨年の日本シリーズで巨人が4連敗を喫したのも、吉川・松原
の俊足1・2番コンビが一度もセーフティーバントをせず、パワー
ピッチャーに力負けしたのが大きな原因だと思います。セーフティ
ーバントで揺さぶられるのを一番嫌ったのは甲斐だと思いますが、
形すらやってこない1・2番コンビを見て、4連勝を確信したのも
甲斐だったのではないかと思います。
サード側へのセーフティーバントが勝利のカギで、過去に全国大会、
東日本大会に出た時も、サード側へのセーフティーバントで勝ち切
りました。
先日鹿島学園と常総学園の決勝戦も、強打の常総学院が137km
のストレートとカットボールに8回まで凡打を繰り返しました。
そんな時大きな武器になるのはセーフティーバントでしょう。打ち
勝てればそれに越した事はありませんが、負けたらどんなに強打者
が揃っていると言えど何の役にも立ちません。プライドを捨てて泥
臭い野球をやってでも勝たなければ高校野球は意味がありません。
選手に変なプライドを持たせてしまう事こそ、指導者の大きなあや
まちではないでしょうか。
セーフティーバントという大きな武器を持てれば、いつか甲子園出
場という大きな夢が叶った時、鹿島学園に進学したOBの佐藤の様
に、ベンチ入りメンバーという勲章を掴めるのではないでしょうか。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年08月01日
▲このページの先頭へ戻る

鹿島学園甲子園出場

7月26日(月)          於:ノーブルホームスタジアム水戸

 

26日(月)茨城県予選決勝戦にて、鹿島学園高校が春夏通じて
甲子園初出場を決めました。
鹿島学園には、日野ボーイズのOBが3名お世話になっていて、
2名がベンチ入りを果たしています。
日野ボーイズOBの甲子園出場は、チーム発足当時、東北高校と
国士舘高校から2名がいましたが、私がスカウティング・指導し
た選手としては初めてなので、感慨深いものがあります。
鹿島学園の鈴木監督は、自身小山高校のエースとしても甲子園出
場経験があり、監督としても日大藤沢で出場、そして日大の監督
としても長野、村田、建山を育てた名将です。
教え子3人には、在学中に甲子園に手が届く所まで強くなるから
と送り出しましたが、届いた手を手繰り寄せ甲子園出場を果たし
てしまいました。
鈴木監督とは、私の社会人時代の先輩が、鈴木監督の日大時代の
先輩という事もあり、力添えをしてもらったり、私自身も社会人
野球親睦会という会で親交もあるので、お世話になっています。
教え子をまず間違いないから見て欲しいと連絡すると、わざわざ
足を運んで来てくれて、条件付きで取ってもらいました。
チームを強くする為には、指導力も大切ですが、それ以上にスカ
ウティングが全てかと思います。
それも3年後を見据えて、その選手の能力をしっかり見極めてス
カウティング出来るかが大切かと思います。その準備が出来る指
導者だからこそ、6年で結果を出せたのかと思います。
今後も、日野ボーイズの選手には、目先でなく、高校入学してか
らどうなるかを大事に今まで通り指導し、甲子園に出場出来る選
手が出て来る様な指導をして行きたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月27日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

7月25日(日)          於:東光寺グランド

 

今日は東光寺Aグランドでの練習です。
始めにフリーバッティングを行い、後半はAグランドで広いので、
保護者にも手伝ってもらい試合形式のシートバッティングを行いま
した。
試合形式になると、ランナーとしてどう対処したらいいかなど、経
験していない事がたくさん出て来て、とてもいい練習になりました。
ピッチャーは鈴木コーチが来てくれたのと、日本学園で予選が終わ
ったOBの木村も手伝いに来てくれたので、投げてもらい助かりま
した。
先日の試合に、選手全員で応援に行った木村からは、練習の最後に
高校へ行ったらこうしなければいけない云々を話してもらい、練習
でもピッチングを見せてもらい、その速さ、球威を選手達に身近で
感じてもらいました。
木村は大学に行っても野球を続けるので、度々指導に来てくれる事
を期待したいと思います。
又、この先も高校野球の終わったOB達が顔を出してくれると思う
ので、そこで色々な話を聞いたり、技術を習得してもらえたらいい
かと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月26日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

7月24日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドで練習を行いました。
今日は、コーチに少し速い球を投げてもらい打ち込みました。
まだまだ振り遅れたり、打ち損じたりするバッティングが多かった
ですが、確実に進歩はしているので、焦らずイラつかず指導し、一
歩一歩進んで行きたいと思います。
バッティングの後はシートノックを行いましたが、ここでも ”体の
正面で手の平で止める” を合言葉に地道に続けて来た、ゴロの基本
の捕り方が成果を見せ始めて来ている気がしました。
とにかく素早いスタートをして、打球の正面に入り込む事が出来れ
ば、ゴロが捕れる確率は必ず上がるはずです。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月25日
▲このページの先頭へ戻る

教え子達の応援

7月22日(木)          於:ひたちなか球場

 

佐藤・蘇武・辻野の3人がお世話になっている鹿島学園の応援に、
ひたちなか球場まで行って来ました。
蘇武・辻野は新チームになった時には二人共レギュラーポジション
を取りましたが、蘇武は春先に顔面にデッドボールを受け、その影
響でベンチ入りがかないませんでした。辻野は昨年コロナで合宿解
散で実家に帰り、その後戻ってからおかしくなったそうで、レギュ
ラーからは外されましたが、控え外野手としてベンチ入りは果たし
ています。佐藤もコツコツと努力を積み重ね、2番手キャッチャー
としてベンチ入りしています。
3人には、在学中に甲子園に手が届くまで強くなるからと送り込み
ました。昨秋は茨城県で優勝し関東大会に進みましたが、甲子園に
出場した専大松戸に負け甲子園出場は叶いませんでしたが、今夏は
この日水戸一校に勝ちベスト4を決めたので、あと2つ勝つと甲子
園という所まで来ました。とはいえまだ甲子園常連校の上総学院も
残っていますし、そう簡単には勝てないと思いますが、選手・監督
として甲子園を知っている鈴木監督と、このチームのツキを感じる
ので、夢が叶う事を祈るばかりです。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月23日
▲このページの先頭へ戻る

教え子達の応援

7月21日(水)          於:昭島球場

 

木村・上野がお世話になっている日本学園の2回戦を、小林を連れて
昭島球場に応援に行ってきました。
相手の都立小平高校のエースは、ちょうど巨人の大江の様にインステ
ップして投球する左投手で、切れのいい投球を左右にコントロール良
く投げて来るピッチャーでした。
立ち上がりを見た時に、そう簡単に点は取れそうもないなと思いまし
たが、予感が当たり日本学園は凡打を繰り返すばかりで、相手の小平
は、チャンスを確実にものにして先取点・追加点と5点取られてしま
いました。
本来なら初めから球数を投げさせて後半勝負に持ち込むべきでしたが、
1回戦に大勝して打ち勝てる自信があったか、振り回すだけで何も策
がなく完封負けを喫してしまいました。
トーナメントの一発勝負は、1回戦からどんな弱い相手に対しても、
確実に1点を取る戦法をして行かなければ、今日の様に足元をすくわ
れてしまう事があります。いいピッチャーと対戦した時の為に、ノー
ヒットで1点取る練習をしておかなければいけないと感じました。
木村は、私の母校関東学院大学で野球を続けたいと言っているので、
サポートしてやりたいし、先の楽しみも出来ました。頑張ってもらい
たいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月22日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

7月18日(日)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの練習を行いました。
今日は三鴨コーチが来てくれましたが、初めて会う選手もいて、まず
は実力などを見てからアドバイスや冗談を言って選手を盛り上げてく
れました。
練習内容は、いつもの様にキャッチボールとトスバッティングを時間
をかけて行い、その後はトリカゴバッティングです。
2カ所のゲージに分かれ、コーチの投げる投球を打つ側と、私の投げ
るトスを打つティーバッティングとに分かれ、ローテーションで打ち
込みました。
ティーバッティングでフォームを整え、実際の投球を打つの繰り返し
をする事で、途中のアドバイスも含めいいバッティング練習が出来た
と思います。
その後は守備練習ですが、転がしたボールを素手とグラブをはめてを
繰り返しながら、ゴロを捕る基本を体に染み込ませる練習を繰り返し
ました。
グラブをはめると、どうしても右手の使い方が悪くなってしまうので、
素手で ”体の中心で手の平で止める” 捕り方をする為に、素手での捕
り方と交互に捕らせました。
基本練習はつまらないかも知れませんが、この練習がいつか必ず身に
なる日が必ず来ると思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月19日
▲このページの先頭へ戻る

教え子達の応援及び東光寺グランドでの練習

7月17日(土)    於:立川市営球場・東光寺グランド

 

立川市営球場で行われた日本学園の試合に、選手4人と一緒に教え子
の木村の応援を兼ね高校野球の観戦に行きました。
木村は後輩の応援もあってか、先制タイムリーを含む3安打と後輩達
に貫録を示してくれました。
選手達も高校野球のレベルを間近で見て、良い所悪い所を肌で感じて
くれたかと思います。
終了後は東光寺グランドへ移動して、フリーバッティング中心の練習
を行いました。
高校野球で活躍するには、どれくらいのヘッドスピードを出さなけれ
ばいけないかを考えながら打てたかと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月18日
▲このページの先頭へ戻る

教え子達の応援

7月12日(月)          於:一本杉&昭島球場

 

夏の甲子園予選が始まりましたが、毎年この時期になると日野ボーイ
ズOBの教え子達の最後の公式戦の応援に行きます。
レギュラーとして頑張っている姿を見るのも楽しいですが、それ以上
にベンチ入り出来ず悔しいはずですが、チームの勝利の為にスタンド
からチームメートを必死に応援している姿を見る方がうれしいです。
2年半辛い練習に耐え、最後まで高校野球をやりぬいた姿を見ると、
チームを続けて来て良かったとつくづく思います。
私の高校3年時の姿にダブルからかも知れません。私もメンバー入り
出来ずスタンドで悔しさをこらえて応援をし、チームは甲子園出場を
決めたので、正直嬉しさより悔しさが倍増したのを覚えています。
自分はここで終わる訳がないと信じ、悔しさをバネにして頑張れたの
で、大学、社会人まで野球を続けられました。もし甲子園に出ていた
らそこで野球を辞めていたかも知れません。
日野ボーイズを続けているのは、私の様に普通の選手でも、強い意志
を持ち続けられれば、上のステージで野球を続けられる事を教えたい
からです。だから出来ればその上のステージで野球を続けてもらいた
いというのが、私の気持ちです。
今日は、東大和高校と昭和第一学園の試合の応援に行きました。
東大和高校へ進んだ古川は、ベンチ入りし頑張っていました。
昭和第一学園に進んだ川瀬は、残念ながらベンチ入り出来ませんでし
たが、大学へ行って野球を続けると言っています、これ程嬉しい事は
ありません。この悔しさを糧にして、必ずや上のステージでブレイク
する事を確信しています。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月13日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

7月11日(日)          於:東光寺グランド

 

雨の影響で内野は使えなかったので、外野とティーネットを使って
の練習を行いました。
始めに外野ノックですが、中学生では上がりそうもない高いフライ
をたくさん捕りました。内野でゴロを上手く捕る方が難しいかとは
思いますが、外野フライを捕る事も中々難しく、特に高いフライだ
と落ちて来るまでに変化する事もあり、最後まで気は抜けません。
又、走ると打球が揺れてしまうので、頭の上下動が少ない走り方を
覚えなければいけません。
実際OBで日大明誠に進み、バッティングが良かったので外野で5
番を任された選手がいましたが、元々キャッチャーだったので中学
時代に外野フライをあまり捕っていませんでした。だからと思いま
すが試合に勝っていると8回9回になると守備固めで変えられてい
ました。内野なら分かりますが外野でも守備要因を使われるという
事は、よっぽどフライを捕るのが苦手だったのでしょう。
中学時代に外野も守らせ、フライをたくさん捕らせてあげればよか
ったと反省しています。
ですから今の選手には、すべてのポジションを経験させ、上のステ
ージに行った時、何処を守らされてもそこそこの守備が出来る様な
選手に育ててやろうと思います。

 

次は、内野ゴロを捕る練習ですが、素手とグラブをはめてを繰り返
しながら、”正面に入って手の平で止める” 事を体に覚え込ます練習
を行いました。素手だと右手も正面を向いて取れますが、グラブを
はめると右手が上から蓋をする様な動きになってしまいます。
そういう教え方をする指導者がいますが、捕るまでは最悪止めると
いうアプローチをして、捕れると判断した時点で素早く右手でボー
ルをつかみに行く動作をするべきです。
次はショートが三遊間のゴロを捕って、ノーステップでセカンドベ
ースにスナップスローをする練習をしました。
右足重心で右足の前で捕るので、ゴロの捕り方の基本を練習する事
が出来ます。
そして最後はランニングスロ―です。高校でやったら使ってくれなく
なる高校もあるかも知れませんが、まだ未熟な時にやり方とそのタ
イミングを覚えておかないと、成長してからやろうとしても上手く
出来なかったりするものです。ですから未熟なうちからやり方だけ
は教えて行きます。右足前で捕り左足右足とステップしてジャンプ、
カッコ良くを重視し褒めて褒めて楽しくやらせた事もあり、思った
以上に上手く出来ました。こんな事も成長した時の財産になっても
らえたら嬉しいものです。

 

最後はティーバッティングですが、正しい方法で一球一球丁寧に打
ち込みました。
こんな基本的な練習ばかりですが、いつかこの練習があったからと
思える日が必ず来る事を確信しています。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2021年07月12日
▲このページの先頭へ戻る

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。