日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

高速下公園での練習

8月13日(土)          於:高速下公園

 

高速下公園での練習を行いました。
台風が近づいていて風も雨も強く、穴あきボールはいつも以上に変化
するのでいい練習になりました。
高速道路の下とはいえ高さがあるので、風が強く雨も吹き込んでくる
ので早めに上がり、ビデオを見てミーティングを行いました。

 

ビデオは神奈川の決勝戦の、東海大相模対横浜の試合を見て、いい所
悪い所を指摘して勉強をしました。
一言で言って、両チーム共バントが下手で、バントさえ上手く出来て
いれば相模も勝つ事が出来たかと思います。
相模の2番バッターのバントは話になりません、今は2番バッター最
強説とかあり、2番バッターはバントが上手くなくても強打を期待す
る風潮がありますが、それはあくまでプロの話で、高校野球は全員が
バントが上手くなければトーナメントは勝ち抜けません。
この試合も相模の2番バッターが初回にバントを失敗して、ランナー
を進められず、同点の7回にもノーアウト1塁で、始めバントの構え
をするも、原監督は初回に失敗しているので打たせてセカンドゴロゲ
ッツーで大きなチャンスを逃しました。
この2番バッターはバントの構えがなっていません、監督は何を指導
しているんだと言いたくなります。去年の夏静岡で決勝で負け、秋は
相模に来て、関東大会であと一つ勝てば甲子園という所で負けて、又
今回も決初戦で負けてツキの無い監督だなと思っていましたが、野村
監督の言葉を使うと、 ”勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負
けなし” という様に、バントの指導が出来なければ勝利は手に出来ま
せん。
横浜高校も一緒で、伝統的に正面を向いて送りバントをさせるのが横
浜高校のやり方です。このやり方だと右バッターならフアースト方向
にしか出来ません。だからピッチャーはインコースにシュートを投げ
れば絶対に失敗します。試合の中でもノーアウト1・2塁でサード側
にバントを試みようとしますが、上手く行くはずがなくスリーバント
失敗で送れませんでした。ここを決めておけばもっと早く点差を付け
られたかも知れません。
両チーム共バントが下手なので、それが結果になった気がします。
優勝している時は、各選手がもっとバントが上手かったのかなと思え
てなりません。

 

私自身バントと守備と走塁で試合に出ていた選手です。バントの技術
を磨く事でファールを打つ技術も上がり、フォアボールが多くなり、
甘い球も来るのでヒットも増え、3割を打てました。バッティング技
術を磨くのは難しいし時間がかかります。バッティングのいい選手に
憧れる気持ちは分かりますが、試合に出る為にはオンリーワンの選手
を目指すべきです。
私の教え子には徹底的にバント技術を教えて行くつもりです。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年08月15日
▲このページの先頭へ戻る

川崎北シニアに練習参加

8月11日(木)          於:丸子橋硬式野球場

 

今日は、高校時代の同期が副会長をしている川崎北シニアに練習参加
させてもらいました。
森田は用事があるので、門一人の参加です。
川崎北シニアも、長く使っていた二子橋下流のグランドを硬式の使用
を禁止され、ジプシーになってしまい選手も減少しましたが、今は選
手勧誘に走り努力した結果、前と同じ様に人数も戻り活動出来ている
との事です。
キャリアのある指導者もたくさんいて、いい練習をしていました。
仲村副会長が、日野ボーイズの事を理解してくれ、快く受け入れてく
れたので、選手も気持ち良く練習が出来ました。
いつでも来てくれと言ってもらったので、又行かせてもらおうと思い
ます。本当にありがとうございました。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年08月12日
▲このページの先頭へ戻る

高速下公園での練習

8月7日(日)          於:高速下公園

 

高速下公園での練習を行いました。
いつも通り、穴あきボールのバッティングと、素手でのゴロ捕球、
サード側へのセーフティーバントを繰り返し行い、今日は本人達
には直接関係ないかも知れませんが、ピッチャーとセカンド・シ
ョートの牽制プレーが、どんなサインがあって、どんなタイミン
グでベースに入ったらいいかを、ピッチャーと野手の両方の練習
をしました。
こういった事を知っているだけで、自分がランナーになった時に
何を注意すればいいかや、外野を守った時のバックアップの大切
さなどを知ってもらえればいいかと思います。

 

昨日から甲子園大会が始まりましたが、選手のスカウティングの
事を書きたいと思います。
今年甲子園に出場しているチームや、強豪校はどこから選手が来
ているかを調べて見ると、野球留学をしている選手は多いとは思
いましたが、その多さに驚きました。
東京など首都圏は東京・神奈川・埼玉など隣接しているので越境
とは言えない所もあるかも知れませんが、学校のある都道府県の
選手がその学校に何人いるかを調べて見ると、
大阪桐蔭4名、星光学院3名、秀明日立3名、下関国際1名、八
戸学院光星3名、明徳義塾5名、国学院栃木5名、敦賀気比7名、
近江11名、智辯和歌山7名、横浜7名、二松学舎5名、東海大
相模8名、日大三高5名、愛工大名電10名、仙台育英9名、
意外だったのは県立という事もあってか県岐阜商16名、となっ
ています。
この数字はあくまでベンチ入りメンバーの数ですが、甲子園で勝
つ為には、8割は県外から優秀な選手をスカウティングしてこな
ければならないと言えるかも知れません。こんな事でいいのでし
ょうか?
健康管理の事を考えたら東京ドームでも、大阪ドームでもやれば
いいのですが、それをやらないのは球場使用料を高野連が払いた
くないだけで、甲子園球場は阪神球団から無償で提供されている
からです。レベルが高くなるのは高野連と手を組んでいるNHK
としても、より視聴率を稼げる目玉番組なので好都合なのでしょ
う。
まるで社会人野球の都市対抗の様ですが、教育の場である高校野
球に、企業の理念を持ち込む事はいい事なのでしょうか?
応援する生徒や地元の人達も、この数字をはっきり知ったら考え
てしまうかも知れません。以前鍛治舎監督が行って強くした熊本
の秀岳館も、地元では受け入れられなかったと聞きました。
もしかして鍛治舎監督も、野球人生の最後には自分の母校で、地
元の人達に心から応援してもらいたいという気持ちで、地元の選
手を集めチームを作った様に思えてなりません。
又、この風潮は中学野球にも伝わり、いい選手を集めて強いチー
ムを作るという事を主眼に置いて、活動するチームが多くなった
気がします。
硬式野球を高校受験と同じように考える風潮があります、レベル
の低い子はそれなりに楽しませてやるのが我々指導者の仕事で、
それをやらないと硬式野球=選ばれた人達だけのスポーツという
図式になってしまい、益々硬式野球離れが加速してしまいます。
硬式野球人口がピラミッドでなく縦長の棒になってしまったら、
誰もが出来るスポーツではなくなってしまいます。オリンピック
の種目から外されるのはなぜかを、ここで真剣に考えてもらいた
いと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年08月08日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

8月6日(土)           於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでいつも通りの練習を行いました。
今日は、東野高校野球部のコーチが顔を出してくれて、情報交換
及び野球観など話をしました。
部員が2年生2名しかいないチームに足を運んでも、有益な情報
は得られないだろうと思いましたが、H.P.で発信している私の
野球観に賛同しての選手勧誘も含めての情報交換に来てくれたそ
うです。
指導者もしっかりしているようですし、この二人がしっかり育っ
てくれた時には、進学をお願いしたいと思いました。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年08月08日
▲このページの先頭へ戻る

高速下公園での練習

7月31日(日)          於:高速下公園他

 

高速下公園で練習を行いました。
いつも通り、穴あきボールをうんと引き付けてのバッティングと、
バント練習、正面に入って手の平で止めるを心がけた守備練習を
繰り返し行いました。
こんな練習を繰り返してもという人もいるかと思いますが、普通
のフリーバッティング、普通の守備練習を長い時間繰り返した所
で、根本的な基本が間違っていたら、上手くなったつもりでも東
京都ベスト8までの野球でしかありません。それどころかスター
トを大事にしないノックを受ければ受ける程、そのいい加減なス
タートが身に付き、打球に対してのスタートが遅れた守備になっ
てしまいます。広島の菊池でさえ一歩目のスタートは浮いてスタ
ートするので、西武の源田に劣っています。それでも抜群のダッ
シュ力があるのであれだけの華麗な守備をしてみせます。
何年かするとスタッドキャストなどを利用し、打球がバットから
離れた瞬間から、スタートするまでの反応時間の速さを計測し、
守備が上手いか下手かを判断する様になると思います。
打球を追う軌道が最短距離かどうかなども簡単に測れますし、機
械のハード部分は完璧に揃っています。但しその為のソフト部分
が、いつまで経っても昭和のままです。
野球は確率のスポーツで、どちらをしたら上手くなるかを考え、
上手くなる確率が高い方を選んで練習して行けばいいだけです。
戦法も一緒で、プロ野球ならノーアウト1塁で簡単に送りバント
などしたら入場券を返せと言いたくなりますが、アマチュアのト
ーナメントの試合なら、どんな手を使おうが勝てばいいんです。
もっとバントを使うべきです。なぜなら3割打てて、ホームラン
も打てるバッティングを取得するのと、サード側へのセーフティ
ーバントを完璧に取得するのとは、どちらが確率が高いかを考え
れば分かると思います。
勿論どんな時でも3割打ててホームランも打てる選手が揃ってい
るなら、打て打てで大阪桐蔭の様に勝てると思います。
そう考えるといかにスカウティングが、勝敗を左右するかという
結論になりますが、高校野球の野球留学の事を次回は書きたいと
思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年08月01日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

7月30日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの練習です。
Bグランドで狭いとはいえ、レフトのネットを軽々と超える様に
なって来ました。
レフト後ろの河川敷に入ると草が凄くボールは見つかりませんが、
ボールはティーボールの様なボールですが、母校の大学から沢山
もらってあるので、いくらでも打ち込めとハッパをかけています。
ヘッドスピードも、門は105km、森田も100kmまで上が
って来ているので、もう少し上がって来たらステップアップした
練習に取り組みたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年08月01日
▲このページの先頭へ戻る

東光寺グランドでの練習

7月23日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドでの練習を行いました。
今日はAグランドなので、土手越えを目標にバッティングをしまし
たが、まだ越える事は出来ません。
ヘッドスピードが100km前後出る様になったので、後は時間の
問題かと思います。
腕の力を抜いて、下半身主導のバッティングをする事を心がけてい
けば、必ず結果を出して行けると思います。
その後は、いつもの様に ”体の中心で手の平で止める” 事を心がけ
た素手のゴロ捕球の練習と、ノーアウト1・2塁でのサードゲッツー
の練習をして終わりました。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年07月25日
▲このページの先頭へ戻る

都立高校での練習

7月17日(日)          於:都立高校

 

都立高校での練習を行いました。
今日も左右へ打ち分けるロングティーと、遅い球を引き付けて強く
打ち返すバッティングを行いました。
その後は、サード側へのセーフティーバントを何球も繰り返しまし
た。頭で理解しようと思ってもセンスがないとなかなか出来ないも
ので、数をやって体で覚えるしかありません。しかし一度覚えると
一生もので認知神経科学の応用です。
バントは、送りバントやセーフティーバント、プッシュバントやセ
ーフティースクイズなど多岐にわたりますが、サード側へのセーフ
ティーバントが完璧に出来れば、後は追う様で簡単なものです。
だから中学生時代にサード側へのセーフティーバントを徹底的に練
習しておくべきです。
プロに行っても特にピッチャーは、送りバントが決まっていたら1
勝が上積みできる場面も多々あるものです。高校野球では同点のタ
イブレークでサード側へのバントがどんだけ下手なものか。
金属バットを振り回すだけの野球をやっているから、勝てる試合を
落としてしまっています。
日野ボーイズは過去に2度の全国大会、1度の東日本大会に出場し
ていますが、1度めは優秀な選手がいたのでピッチャーが抑えて、
打線で打ち勝ちました、2度目と3度めはサード側のセーフティー
バントとセーフティースクイズだけで勝ち抜きました。
ある程度の技術が身に着けば、中学生レベルなら勝てるはずです。
そして私自身が、守備と走塁とデッドボールとセーフティーバント
でノンプロのレギュラーまで上り詰めました。実力があれば別です
が、上のレベルに行きたければ、人と同じ事をやっていては無理で
す、オンリーワンの選手を目指しましょう。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年07月18日
▲このページの先頭へ戻る

高速下公園での練習

7月16日(土)          於:高速下公園

 

雨でグランドが使えない為、高速下公園での練習を行いました。
いつも通り穴あきボールを打ち込みました。
穴あきボールは軽いので、ある程度腕を振って強く投げなければ
いい軌道の投球が出来ませんが、打つ方からすると腕を強く振っ
て投げられるので、どうしても早くバットを出してしまいます。
しかし、うちの選手は遅い球を引き付けて打つ練習をしているの
で、強く腕を振った投球に対してもバットが出る事なく、しっか
りヒッティングポイントまで呼び込んで打つ事が出来ます。
これこそバッティングの基本ではないかと思います。
穴あきボールはOBの父親で、現在東日本の審判部長をしている
玉井さんから頂いたものですが、始めるまでは狭い場所でも強く
打てるからくらいしか思っていませんでしたが、今ではこれ程優
れたバッティング練習はないとまで思っています。
先日テレビで、高松商業の通算64本塁打を打っているプロ注目
のスラッガー浅野選手を取り上げた番組が放送されましたが、そ
の中で浅野選手はもっと小さい穴あきボールを、細いバットでバ
ックスピンをかける練習をしていました。人より一歩先を行く選
手は、色々研究し実践しているから結果を出しているんだなと思
いました。

 

監督 佐藤

 
 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年07月18日
▲このページの先頭へ戻る

都立高校での練習

7月10日(日)          於:都立高校

 

都立高校での練習を行いました。
いつも通りロングティーの左右に打ち分けから、遅い球を引き付け
て強く遠くへ打ち返すバッティングを行い、今日の守備練習はバラ
エティーを付けて行いました。
まずは、マウンドから穴あきネットへストライクを投げる練習、サ
ードゴロをベースを踏んでのサードゲッツー、ショートでのセカン
ドゲッツー、セカンドでのセカンドゲッツー、ピッチャーのセカン
ドゲッツー、ファーストのセカンドゲッツー、ファーストゴロをピ
ッチャーへトスするベースカバー、これらすべてのプレーをやらせ
て、各ポジション毎の難しさや気持ちを分かってもらう練習を行い
ました。
そして外野からのバックホーム、キャッチャーフライを捕る練習も
行いました。すべてのポジションを練習しておく事で、特にバック
アップの時などに生きて来るものと思われます。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2022年07月11日
▲このページの先頭へ戻る

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。