日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

全国大会予選 対三鷹ボーイズ戦

11月27日(日)          於:昭島球場

全国大会予選 対三鷹ボーイズ戦を行いました。

ボーイズではピッチャーは、1日に7イニングまでしか投げては
いけないというルールがあります。
今日、もし三鷹ボーイズに勝ったとしてもWヘッターですので、
もう1試合戦わなくてはいけません。
部員数の少ないチームでは、絶対的エースがいたとしても2枚看
板がいなくては勝てないという事です。
せめて予選はWヘッターを無くすべきと思いますが、全国大会に
出場したら、準決勝・決勝とWヘッターだから予選からWヘッタ
ーをするそうです。
おかしな理論だとは思いませんか?
という事は、代表になるチームは準決勝に進まなければいけない
という大前提の基に予選を行うとも取れる仕組みです。
かつて甲子園を沸かせた、“さわやかイレブン”と呼ばれ11名
の部員で選抜準優勝した池田高校や、“24の瞳”と騒がれ12
名の部員で選抜準優勝した中村高校のようなチームはボーイズで
は絶対に出ないという事です。
1日7イニングというルールは、中学野球では勝ちにこだわり選
手を壊しかねないという観点からはいいルールだとは思います。
だからこそかつての、“さわやかイレブン”や“24の瞳”をひ
そかに狙っている日野ボーイズの様に、たとえ部員が16名しか
いないとしても、実力的には劣るとしても、夢は絶対に叶うと信
じて、マジで勝利を目指して野球に取り組んでいるチームでも勝
てる可能性を残してもらう事を、強く訴えたいと思います。

日 野 | 102 000 0 | 3
三 鷹 | 101 050 × | 7×
    米山・横山・鈴木ー島崎

敗因は、実力的に三鷹の方が上ですから負けて当たり前、もし勝
てるとしたらという観点から話して行きたいと思います。

公式戦はじゃんけんに勝ったら必ず後攻を取りますが、今日の試
合は違いました、先攻を取り、先頭バッターが出て、1回表に先
取点を取るという事が勝つ為の絶対条件と決め試合に臨みました。

予想通りじゃんけんに勝ち先攻を取り、先頭バッターが出塁、バ
ントの失敗がありましたが、3番米山が失敗をカバーしヒットで
ワンアウト1・3塁の形を作ってくれました。
4番鈴木にセーフティースクイズで待望の先取点。
4番にバントさせてくれて助かったという声も聴きますが、それ
は大きな間違え、一発勝負は後がありません、取れる時に確実に
取るというのが一発勝負に勝つ絶対条件です。
私は何度も痛い思いをしているので、ノーアウト1塁で送りバン
トの場面でノーツーになっても送りバントは絶対に変えません。
1点を取りに行く事が一発勝負には絶対大切だからです。
この場面打てても3回に1回、もし打てなかったら取り返しのつ
かない結果が待っています。リーグ戦やペナントレースとは大き
な違いがあり、高校野球の予選でも番狂わせと言われる試合が多
々ありますが、番狂わせでも何でもありません、ただ監督の采配
ミスが原因で一発勝負の怖さを知らないだけです。

先発投手は米山で、エース鈴木ではありません。
三鷹ボーイズと、勝ったら対戦する東村山中央ボーイズを比べた
場合、過去の実績から東村山の方が上と判断して、2試合目に鈴
木を持って行く事を決めました。
Wヘッターの為、代表を狙うには初戦に勝っても2試合目に勝た
なければ初戦に勝つ意味が無いからです。
先発米山は、危なげではありますが4回を2失点と最高のピッチ
ングをしてくれました、鈴木が投げていたらもっと打たれていた
かも知れません。
というのも三鷹は強打が売りでどんどん振り回して来ます。米山
は球速も速くなく、来そうで来ないという球筋が特徴です、スト
ライクさえ入れば上手くはまってくれるはずと予測していました、
案の定内容はどうあれ、4回2失点と立派なピッチングをしてく
れたかと思います。

5回にフォアボールから長打を打たれ、連携ミスからランニング
ホームランにしてしまい、代わった横山も連打され一挙5失点で
勝負がついてしまいました。

監督として、もし勝てたとしたらという場面が2箇所あり、采配
ミスをしたなと悔やんでいます。
1ヶ所目は、2回に廣田フォアボールからワイルドピッチ、高橋
のセカンドゴロでワンアウト3塁の場面です。
柏倉に初球セーフティースクイズ空振り、次にスクイズ出すも廣
田サイン見逃し、柏倉バントファール、そのあとキャッチャーフ
ライ。次の外川セカンドフライでチェンジ。
ここで1点取っておけばと思いましたが、柏倉が出来ないのは想
定内の事で、代打畠山を送ってセーフティースクイズで1点を取
りに行くべきでした。
これには布石があり、予選前の23日に行った最後の練習試合で
柏倉は、ツーストライク追い込まれた後、頭部付近に来た投球に
最後までよけずメガネを壊してデッドボールで出塁したプレーが
ありました。
この気持ちを汲み今日の先発に送り出した経緯があり、1打席は
打たせてやりたいという温情がありました。
結果的にこの温情がアザになった形ですが、長い目で見た時には
選手を信じたことに悔いはありませんし、ただ最後の夏の予選に
は温情は捨てて行こうと思います。

もう1点は、5回の頭から鈴木を投入するべきだったと反省して
います。
試合の流れから、あそこで投入すれば結果は違っていたかと思い
ます、次の試合で鈴木を7回投げさす事にこだわり過ぎていたと
思います。
確かに2試合勝たなければ意味がありませんが、今のチームには
仮に1試合でも勝てて、2試合目も勝つ可能性のある試合が出来
たなら、大きな自信になったのではないかと思います。

この試合を反省し、夏の予選では又違った日野ボーイズの試合が
出来る様練習して行きたいと思います。
それにしても、鈴木はそこそこ投げれる様になったとはいえ、一
人一人の実力を比較したら、他のチームと比べたら全てにおいて
劣っていると思います。そんな選手がチームとして全員で力を合
わせたら、足し算ではなく掛け算として大きなチーム力になり、
強豪チーム相手に対等な試合をしている選手を見て、監督として
誇りに思います。

※下記の通り日野ボーイズ体験練習会を行いますので
  奮ってご参加下さい。

  2月19日(日)  9:00~ 東光寺グランド
            13:00~ 東光寺グランド

  2月26日(日)  9:00~ 東光寺グランド
            13:00~ 東光寺グランド

111127 三鷹①

111127 三鷹②

111127 三鷹③

111127 三鷹④

111127 三鷹⑤

111127 三鷹⑥

111127 三鷹⑦

111127 三鷹⑧

111127 三鷹⑨

111127 三鷹⑩

111127 三鷹⑪

111127 三鷹⑫

111127 三鷹⑬

111127 三鷹⑭

111127 三鷹⑮

111127 三鷹⑯

111127 三鷹⑰

※下記の通り日野ボーイズ体験練習会を行いますので
  奮ってご参加下さい。

  2月19日(日)  9:00~ 東光寺グランド
            13:00~ 東光寺グランド

  2月26日(日)  9:00~ 東光寺グランド
            13:00~ 東光寺グランド

▲このページの先頭へ戻る

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。