日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

全国大会予選1回戦 対八王子ボーイズ戦

5月26日(日)            於:東村山中央ボーイズG.

 

全国大会西支部予選 対八王子ボーイズ戦を行いました。
先発が二年生4人・一年生5人の現状のチームでは、残念ながら力
及ばず惨敗でした。
但し、他のチームでこの年代では決して得る事の出来ない、野球で
は一番大切な “経験” という大きな財産を得る事が出来ました。
この悔しさを忘れる事なく次に繋げてもらいたいと思います。

 

先発の森田は良く投げたと思います。現時点での実力からしたら、
十分合格点を上げられます。ストライクを先行して投げれたので、
相手が勝手に打ち損じをしてくれました。バックさえ良ければ4回
を投げて3~4点で抑えられたはずです。
球が遅くてもストライクさえ投げ続けられたら、最小失点で抑えら
れる事を証明した投球でした。野球は確率が全てです、3割打者で
も3回に2回は打ち損じます、その確率を順番通り並べられたら、
ヒット・アウト・アウト・ヒット・アウトでチェンジ、アウト・ヒ
ット・アウト・アウトでチェンジ、その繰り返しで行けば点は入ら
ない事になります。但し、球が遅ければ打率は上がりますし、連打
や長打やエラーが組み合わされると失点する事になります。その中
でも一番多い失点の要因は四死球です。打たれる事やエラーする事
は仕方ないとして、四死球さえ与えなければ失点を最小限に抑える
事が出来ます。実力が倍ほど違う八王子の打者が、勝手に打ち損じ
してくれるストライク先行のピッチングが出来た森田は、ナイスピ
ッチングでした。

 

又、攻撃面においては、4回に2得点する事が出来ました。この試
合ヒットは渡邊の1本だけですが、この回ゴロを打ち続けた事で、
相手が勝手に3エラーを重ねて2得点出来ました。
打てなくても、ゴロさえ打てればどうにかなるという事を証明した
攻撃だったと思います。
この試合の反省として、ヒットが打てた、エラーをしたとかではな
く、少しでも強いゴロが打てたか、打球に対して正面に入れたかな
どを反省するべきで、その繰り返しの先に勝利があるという事を理
解出来れば、野球の成長は必ずあります。
そういう意味で、結果だけを見れば惨敗ですが、選手達の大きな成
長を感じたナイスゲームでした。

 

八王子 | 122 26 | 13
日 野 | 000 20 |  2
森田・生江・成川ー生江・青木・生江

 

総監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2019年05月27日
▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。