日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

京葉ボーイズとの練習試合

5月19日(土)        於:四街道運動公園野球場

 

京葉ボーイズとの練習試合を行いました。
勝本代表とは仕事も含め以前より親交があったので、今のチームと
の練習試合をお願いしていましたが、やっと叶いました。
今年の春季全国大会も準優勝しただけに、出て来る全てのピッチャ
ーの球の切れ、コントロール共に素晴らしいものがあるし、野手も
特に内野手のフィールディングは関口監督から見本を見せながらの
指導を受けているだけに、理にかなった中学生にしてはかなり完成
されたフィールディングをしていました。
バッティングに関しても、しっかりと引き付け力強いバッティング
をしていました。
身体能力が高く、野球センスも良く、考える向上心の高い選手に英
才教育をすれば、全国のトップに立てるのもうなづけます。
こんな素晴らしいチームと練習試合が出来たのだから、今の自分と
比較して何が足りないかをしっかりと考えてもらいたいと思います。

 

【第一試合】
京 葉 | 000 006 0 | 6
日 野 | 000 000 0 | 0
木村・小原・佐藤(龍)・小原ー佐藤(夢)
二塁打(川瀬)

 

木村が素晴らしいピッチングをして、5回まで京葉打線をノーヒット
5三振に抑えましたが、6回先頭バッターに初ヒットを許し盗塁され
ノーアウト2塁から牽制トリックプレーで飛び出したのにサードへの
送球をそらすミスを犯し、その後ヒットを許し失点。代わった投手が
連打を浴び万事休す。
接戦はミスを犯した方が負けで、一気に流れが相手に行ってしまいま
す。せっかく京葉がミスを犯し飛び出したのに、それを確実にアウト
にさえしておけば流れが日野に来て勝敗はどうなったか分かりません。
たかがワンプレーですが、されどワンプレーで、このプレーで勝利の
女神は京葉に微笑んでしまいました。
このプレーを全員が反省し、練習のキャッチボールの一球に試合で起
こるであろうプレーを常に想定し、緊張感を持って取り組んでもらい
たいと思います。
さすがに京葉打線は、ピッチャーが少し落ちると確実に投球を捉え、
5連打と、一人アウトの後の2連打で一気に6得点と畳みかけられて
しまいました。
これだけのピッチャーは簡単には打ち崩せません。しかし5三振5フ
ライアウトを喫し、相手ピッチャーに7回で104球しか投げさせら
れなければ、反撃の糸口さえありません。勝機があるとすればフライ
アウトにならない、三振をしない、球数を投げさす、これらを徹底し
て相手のミスを待つしかありません。
東村山中央ボーイズのピッチャーも好投手です。勝つ為には全員が同
じ考えに徹し、同じ戦法で戦って行かなければ勝機はないと思います。

 

【第二試合】
日 野 | 000 110 0 |  2
京 葉 | 372 002 × | 14×
辻野・小原・佐藤(龍)ー佐藤(夢)
二塁打(辻野)

 

初回に3与四球、4安打で3失点。2回に3与四球、2安打、2失
策で7失点で試合は終わってしまいました。
試合の始まりで大量失点してしまっては作戦の立てようがありませ
んし、何より相手チームに失礼です。
せっかく京葉ボーイズと練習試合が出来たのだから、もっと自分の
実力をアピールする気持ちでプレーしてもらいたいものです。
練習試合はギブアンドテイクで、お互いにメリットがないと意味が
ありません。打てない守れないなら走れといつも言っています、せ
めて全力疾走を見せないと次はもう相手をしてくれません。
後輩達の為にも次からの練習試合には、自分達だけでなく相手の事
も考えたプレーをしてもらいたいものです。

 

監督 佐藤

▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。