日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

横浜青葉・上野原ボーイズとの練習試合

5月13日(日)            於:上野原高校グランド

 

横浜青葉ボーイズ・上野原ボーイズと変則Wの練習試合を行いました。
雨の予報が出ていて、2試合目には雨が降ってきましたがどうにか
最後まで行う事が出来ました。

 

【第一試合】
日  野 | 000 012 0 | 3
横浜青葉 | 100 020 0 | 3
木村ー佐藤(夢)
三塁打(小原) 二塁打(辻野・蘇武)

 

木村が良く投げましたが、初回の失点は四球からで簡単に先取点を
与えたのが大きく、結局はこの1点が影響して勝ち越す事が出来ま
せんでした。
初回日野の攻撃は、先頭辻野の2塁打から送って、小原に打たせま
したが、内野ゴロで得点出来ず。相手ピッチャーが良かっただけに
そんなに簡単にヒットは打てるものではありません、取れる時には
確実に1点を取りに行かなければ一発勝負には勝てないという教訓
になりました。
全国大会予選では、3番でも4番でも1点を確実に取る戦法で行き
たいと思います。
5回の2失点も、先頭のショートゴロを蘇武が飛び込んで良く捕り
ましたが、送球がそれて内野安打。ワンバンドでストライクを投げ
られればアウトに出来たかと思います。そこまで求めるのは酷かと
思いますが、一発勝負で勝つ時にはそんなプレーが出るものです。
内野ゴロを後ろにそらさず必ず止める、送球は確実にストライクを
投げる、そんなプレーの繰り返しこそが勝利を手にする為の秘訣の
様な気がします。
5・6回と得点しましたが、先発ピッチャーではなく、このピッチ
ャーからならもっと得点しておかなければいけません。最終回先発
ピッチャーに変わると何もできず終わってしまいました。
この試合も、8フライアウト、7三振を喫して、104球しか投げ
させられずに終わっています。
試合途中注意された事に対し素直に聞いてくれない雰囲気がありま
した。もう予選までに時間がなく気持ちのすれ違いがあるといい結
果は望めないので、何しろわくわくした気持ちで楽しくプレーしよ
うと伝え、実践させたので勝ちに導けませんでしたが、いいピッチ
ャーに対戦した時は、まともにぶつかったら勝つ確率は下がるとい
う事を理解してもらいたいと思います。
木村の調子が上がって来ているだけに、先に1点を取り勝ちパター
ンに持って行けば、八王子にも東村山にも必ず勝てる所まで来てい
ます。

 

【第二試合】
上野原 | 001 000 0 | 0
日 野 | 202 001 × | 5×
二塁打(辻野・須崎・蘇武)

 

辻野が最高のピッチングをしてくれました。
3回の1失点も2失策からの失点なので責任はありません。何より
4回までは無四球、与四球は5回と7回の二つだけだったのが大き
かったかと思います。
今まで見て来て、今日のマウンドもそうでしたが、なだらかなマウ
ンドの方が制球がいい気がします。
攻撃は、自由に打たせたので連打が出ましたが、今の打撃力でこの
ピッチャーなら確実に打てるだけの打撃力はついて来ています。
ただもう少しレベルが上がると、そう簡単に打てるものではありま
せん。少し大振りをさせ過ぎたので、来週最後の練習試合では1点
を確実に取って行く戦法に変えようと思います。
京葉ボーイズ、東京城南ボーイズと全国レベルの投手と対戦した時、
自分の打撃力がどこまで通用するか見極めてもらいたいと思います。
そして打てない時にどうしたら勝ちにつなげられるかを考えてもら
いたいと思います。
ピッチャー二人も調子がいいので、どこまで抑えられるかチャレン
ジしてもらいたいと思います。

 

監督 佐藤

 

 

  • カテゴリ:未分類
  • 更新日:2018年05月14日
▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。