日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

関東ボーイズ大会1回戦 対流山ボーイズ戦

4月22日(日)           於:柏ボーイズグランド

 

関東ボーイズ大会1回戦 対流山ボーイズ戦を戦いました。
結果は6-8で惜敗でしたが、選手は確実にステップアップして来
ていて全国大会予選が楽しみになりました。
とはいえ、悪い所は相変わらずで、想定通りの試合結果でもありま
す。今から悪い所を直そうとしても直るものではないので、ある程
度のマイナス面には目をつぶり、その分差し引きプラスになる様な
いい所をもっと伸ばす様な手を打っていきたいと思います。

 

日 野 | 100 100 4 | 6
流 山 | 011 402 × | 8×
木村・辻野・須崎・佐藤(龍)ー佐藤(夢)
二塁打(辻野・蘇武・川瀬)

 

初回に四球から送ってタイムリーと先取点を取り試合展開を有利に
運ぶも、2回に四球からヒット・スクイズで同点、3回は失策から
盗塁・ワイルドピッチと犠飛で1点、逆転される。
しかし4回には四球とエラーから同点に追いつくが、その裏連続四
球ヒットエラーと重なり、連打で一挙4失点試合が決まってしまう。
6回にもゲッツー崩れと失策からタイムリーで2失点。
最終回4本ヒットを集め4得点したのは素晴らしい集中力でした。

 

いつも勝つ為に必要な事と言い続けている事は、投手は四球を出さ
ない、野手はフライを打たない、三振しない、勿論エラーをしない。
この4つを最小限に抑えられたら結果は必ず付いてきます。
今日の試合を分析すると、三振が9、与四球が5、エラーが3、こ
れではいい試合をしても勝てません。
打者は相手の投手がいいのだから、ツーストライクまではヒット狙
いはいいとして、ツーストライク後は少しでも投げさせゴロで終わ
るという事を徹底しなければ、投手を崩す事は出来ません。
いい球を持っている投手は、まずはストライクを取る事に集中する
べきです。そしてエラーは仕方ないとしてもフライの落球をしてい
ては勝つとかの以前の問題になります。
そして今日の様な砂地のグランドは、思っている程弾みません。だ
からキャッチャーは何本も又の下を抜けてしまうし、ショートゴロ
もしかりです。 “ゴロは手の平で止める” という基本を体に染みつ
かせていれば、打球が弾まず又の下を抜かれる事は無いはずです。
間違った事をたくさんやればやる程下手になるというのはこういっ
た事かも知れません。
全国大会予選まではあと1カ月ちょっとです、勝つ為には何をしな
ければ行けないかがハッキリ分かっているのだから、それらを練習
でしっかりこなして行けば必ず結果はついて来ます。
各人が自分の使命をしっかり把握して、試合に臨みましょう。

 

監督 佐藤

 

▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。