日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

春季支部大会1回戦 対 東村山中央ボーイズ

3月4日(日) 於:関東村・東村山中央B.グランド

 

秋季支部大会の開会式を関東村で行い、場所を移動して1回戦の
対東村山中央ボーイズ戦を行いました。

 

夏に全国大会に出場するには、倒さなければいけない相手なので、
勝ちを目指して試合に臨みましたが、なすすべもなく大敗を喫し
ました。
全国大会3週間前という事もあり、チームは完璧に仕上がってい
ますし、何より俊足ぞろいを揃え、徹底したセーフティーバント
で攻めて来られては、つけ入るすきさえありませんでした。
勿論、打っても強打者ばかりですし、投手はいいし、守備もいい
とくれば、今年の東村山は全国大会でも組み合わせさえ良ければ
かなり勝ち抜けるかと思います。
今まで何度か対戦しましたが、一番強さを感じた試合でした。
とはいえ、そこを倒さなければいけませんが、敗因は相手の強さ
だけでなく、簡単なミスを繰り返し半分以上は自滅が原因でした。
木村自身は自分のベストに近い投球が出来たと思いますが、それ
では通用しないという事も分かりました。攻撃陣もかなり力はあ
るとは思いますが、全国クラスの投手には通用しないという事も
分かりました。
この2カ月半で戦術を建て直せば勝機はあるという事も見えまし
た。後は選手一人一人がこの敗戦を素直に認め、同じ事をしてい
ては絶対に勝機はないという事を自覚し、勝つ為の投球、勝つ為
の攻撃を、私を信じ変えられるかにかかっていると思います。
今の戦力で、東村山は十分倒せる感触は得ました。

 

日   野 | 000 0 |  0
東村山中央 | 051 4×| 10×
木村・小原・辻野ー佐藤(夢)

 

初回に三者凡退に終わったとはいえ、20球以上球数を投げさせ、
その裏の東村山にリズムを作らせなかったのはいいとして、2回
先頭バッターの何でもないショートゴロをエラーしたのが、大量
失点の始まりで、その後のエンドランのレフト前ヒットをサード
に投げてしまい打者走者をセカンドまでやり、スクイズのベース
カバーの忘れ、何でもないレフトフライをバンザイ、何でもない
ショートゴロを内野安打などで大量5失点。これで試合は決まっ
てしまいました。東村山にいい様にやられましたが、小学生並の
ミスをしていては強豪チームに勝てる訳がありません。
打った投げたではなく、もっと頭を使い考えた野球をやらなけれ
ば、何度やっても結果は変わりません。
この敗戦の悔しさを忘れる事なく、全員が頭の中を変えて次の試
合に臨んでもらいたいと思います。

 

監督 佐藤

 

≪開会式≫            於:関東村グランド


≪支部大会 1回戦≫         於:日高グランド

▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。