日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

東光寺グランドにて体験練習会

1月20日(土)          於:東光寺グランド

 

東光寺グランドで体験練習会を行いました。
今日は一つのチームで6名参加してくれましたが、6名共キャッチ
ボールのヒジの使い方が良く、バッティングも6名共しっかりした
バッティングが出来ていました。
通常は誰かしら力の落ちる子がいるのですが、これだけバランスの
取れたチームも珍しい印象がありました。
それだけでなく、二人に関しては今の1年生をはるかにしのぐ長打
力があり、2年生でもなかなか越せないレフトの土手を越してしま
う程の長打力を見せてくれました。
フィールディングも反応が良く、将来楽しみな選手ばかりでした。
選手を連れて来た父親が、日野ボーイズのH.P.を見て、その指導
方針に賛同し体験練習に参加してくれた経緯があるので、必ずや入
団してくれる事を願います。

 

練習内容は、いつもの様にアップからキャッチボール、トスバッテ
ィング、ボール回しで時間をかけました。
途中キャッチボールのしっかりした投げ方を注意しました。軸足を
投げる方向に直角にする事で自然にねじりが出来る事や、ステップ
して投げる事で上から下に落ちる力と、体重移動する力と、ねじり
戻しの3つの力をどのタイミングで力を入れるかで、強い投球が出
来る事、それを自分で実践して探し求める事の大切さを教えました。
小学生は午後の練習も参加してくれました。

 

午後は九十九シニア、府中ボーイズとの練習試合での反省をふまえ
た練習をしましたが、小学生も一緒にいつもした事の無い様な練習
をしました。
➀強いゴロをトンネルしたプレーがあったので、ゴロは “正面に入
って手の平で止める” という事を徹底するために、転がしたボール
を素手で体の正面に入り、手の平を指を付け板の様にして止めなが
ら捕る練習をし、その後はノックした打球を移動ベースで体の正面
で止め、すぐに拾って投げる練習をしました。
➁セーフティースクイズでのサードランナーのスタートが悪い選手
がいたので、実際にピッチャーが投げ、バントした瞬間にスタート
する練習をしました。
サードランナー時だけでなく、ランナーになった時のスタートのコ
ツは、バットとボールが当たる瞬間にセカンドリードをした右足で
タイミングを合わせる事で、打ったらスタート、打たなかったらバ
ックする時に右足で判断する事です。
➂1・3塁での盗塁が上手く出来なかったので、必ず2・3塁にす
る為の、偽装スクイズの練習をしました。
バッターがいかにスクイズをしに行ったのに空振りしてしまったと
いう演技が出来るかが大切で、上手いキャッチャー程しめたとばか
りにまずサードランナーを見るはずなので、一瞬の遅れで盗塁を成
功出来るはずです。
⓸1・3塁での盗塁を成功させるか、わざと挟まれて1点を取りに
行くかの練習。
1塁ランナーはキャッチャーを見ながら走るクセをつけ、挟まれる
時にはタッチされないいっぱいまでセカンドベース近くまで走り、
すぐに戻り追わせればサードランナーがホームイン出来る可能性は
高くなります。
サードランナーは1塁ランナーが挟まれた時、どのタイミングでホ
ームにスタートするかが大切になってきます。たくさんやらないと
上手くならないものです。

 

その後は外野と内野のカットプレー、4人でタイムクリアーを課し
たベーラン、体幹トレーニングをして終わりました。
体験練習に参加してくれた学童の選手は、日野ボーイズの目的を課
しての練習内容、チームの雰囲気、チームの有益性をしっかり感じ
てくれたかと思います。
今後も体験練習に数多く来てくれるかと思いますが、日野ボーイズ
の良さをより多く感じてもらいたいと思います。

 

監督 佐藤

 

▲このページの先頭へ戻る

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。