日野ボーイズ 公式サイト ~中学生の硬式野球チーム~

白子合宿 3日目

1月8日(月)

 

宿舎を出発して成東運動公園に向かい、九十九シニアとの練習試合
を行いました。
5年前に対戦した時には、力のなかった事もあり惨敗でしたが、今
年は自信を持って臨む練習試合になりました。

 

【第一試合】
日 野 | 300 008 0 | 11
九十九 | 002 000 0 |  2
木村・辻野・佐藤(龍)・須崎ー佐藤(夢)
ピッチャーがしっかり投げてくれたので危なげない試合でした。
初回、先頭辻野のヒットからつないで連打での得点。いい形が出
来ていました。
3回の2失点はエラーがらみですが、打球を後ろにそらしてはい
けません。同じエラーでも必ず前で止める事をしないと大量失点
の原因を作ってしまいます。

 

【第二試合】
日 野 | 002 3 | 5
九十九 | 041 1×| 6×
牧野・高島ー上野
二塁打(蘇武)

 

二試合目は1年生同士の試合ですが、日野はピッチャーは1年生
ですが、野手は2年生も入っての試合なのにこんな試合をやって
いてはどうしようもありません。
主力でない2年生、相手が1年生ならぼこぼこにするくらいの気
持ちで試合に臨まないと、ちょっとした所から調子を崩す原因に
なるので気を付けましょう。

 

【第三試合】
九十九 | 011 650 0 | 13
日 野 | 601 312 0 | 13
辻野・川瀬・須崎・小原・佐藤(夢)・田澤ー佐藤(夢)・上野・佐藤(夢)
二塁打(須崎)

 

勝てる試合をものに出来なかったのは良くありませんが、リードさ
れた展開を追いついたり、たくさんミスが出て課題がたくさん出た
という意味では意味のある試合だったかと思います。

 

初回に先頭小原のヒットから、つないで連打で6得点は素晴らしい
ものがありました。
敗因は4回の6失点が全てですが、変わった川瀬が先頭・2番目と
ライト前にポトリと落ちるヒットを立て続けに打たれましたが、つ
いてないで片づけては進歩はありません。もっと強く投げてファー
ルにするか、少し緩めて野手が捕れる打球を打たせるか出来るはず
です。フリーバッティングやトスバッティングの時に、ただ投げる
だけでなく相手の打者との強弱の駆け引きを考えて投げるクセをつ
けなければいけません。
その後のバントのフライに対して捕りに行って落球、キャッチボー
ルで何度も言われている、投げた瞬間に前に出るか後ろに下がるか
を練習の時からしっかりやっていれば前に出て捕るか、一歩下がっ
て捕りワンアウトを取るかで対処出来たはずです。
トーナメントを勝ち抜く大事な事は1点やっても2点をやらない守
備をする事。これも何度も言っています。まずは一つのアウトを取
りに行く事。それさえ守ればこんなにも失点しなくて済んだはずで
す。独り相撲の自滅です。
こういうプレーをするとチームの流れがおかしくなってしまい、後
手後手になってしまいます。

 

そして最終回1点を取りに行く先頭バッター、こういう場面でフォ
アボールで出れるバッターは必ずベンチに入れると言っています。
オンリーワンを身に付けるのは、こういう場面で粘って塁に出れる
選手になる事です。
13点取り合っても、結局最後の1点をどう取れるかでトーナメン
トを勝ち抜けるかどうかが決まります。
いい教訓になる練習試合だったので、忘れない様にしっかり覚えて
おきましょう。

 

3日間、いつも以上にためになるいい合宿が出来たかと思います。
2カ月後には支部大会、その後すぐに関東ボーイズ、4カ月半後
には全国大会の予選が始まります。
もう時間がありません、一日一日充実させた時間を過ごし、悔い
の残らない様にしましょう。

 

監督 佐藤

 

 

≪早朝散歩≫

≪朝食≫

≪宿 出発≫

≪練習試合≫

▲このページの先頭へ戻る
総監督の一言野球コラムへ
日野ボーイズ紹介Movieへ

Contents

日野ボーイズ概要

当チームをご紹介します。

スタッフ紹介

監督、コーチ、スタッフのプロフィール。

入団案内

当チーム入団ご希望の方へ。

活動記録

練習風景や試合結果のレポートです。

スケジュール

試合日程や練習日等

日本少年野球連盟

東京都の日野市を拠点として活動している日野ボーイズは(財)日本少年野球連盟(愛称:ボーイズリーグ)の東京都西支部に所属するチームです。